アイリンがパワハラ暴露され炎上?インスタで謝罪するまでの経緯まとめ!

アイリンのパワハラ

韓国のアイドルグループRedvelvetのアイリンさんがパワハラ問題で炎上しています。

発端はとある人物が何者かのパワハラを暴露したことです。

その何者かがアイリンさんだと炎上して、最終的にアイリンさんがインスタで謝罪をしました。

ということで、今回はアイリンさんのパワハラ炎上の経緯について特集します。

※日本語の翻訳も行っています

【2020年10月21日】スタイリストが何者かのパワハラを暴露し炎上

アイリン

2020年10月21日にとあるスタイリストが何者かのパワハラを暴露しました。

ハングルの部分を翻訳すると以下のようになります。

Instagramに「今日私が(甲に対する)乙の位置で一人に徹底的に踏まれれる経験をした」と明らかにしました。

続けて「身近な者から検証された人間失格、”ハハホホ”と笑う仮面をかぶって生きる(“難色”で有名だが), 操り人形, 非社会化した大人としての人間性の不在, 最側近への自責の念とコンプレックス, そのすべての欠乏を透明にあらわにする愚かさ、初めて見た人に本性をそのまま露出する傍若無人」-

さらに「彼女に会う前に聞いた話だけでも心の準備をしなければならなかったのに、今日その主人公の撃った電気針に刺されて言葉を失った。手と足、脳を縛られたままじっと立って、その嫌な顔と揺れ動く人間の馬鹿げた行動の前で、何もできずに愚かに立っているしかなかった」「地獄のような20分余りだった。完璧に挨拶は省略、椅子に座り、立っている私の面前で、携帯電話を挟んで指差しながら言い放った。目から涙があふれた」と書き込みました。

引用:デバク

簡潔にまとめると、身近な人間からボロカスに人間性を否定されたということです。

地獄のような20分だったということから、20分間に渡り人間性を否定され続けたのでしょうか。

スタイリストの方は相当精神にきたようで目から涙が溢れたと語ります。

これだけでは誰がパワハラの当事者なのか分かりませんが、文末に「#psycho」「#monster」というハッシュタグがありました

PsychoはRedvelvetの楽曲の名前で、Monsterはアイリンさんとスルギさんが歌う楽曲の名前です。

そのため、ネット上では「パワハラをしたのはアイリンかスルギ」と燃え上がったんですね。

※当該のインスタは現在非公開です

【2020年10月22日】映画スタッフが何者かのパワハラを暴露し更に炎上

アイリンのパワハラ暴露

こちらはとある映画スタッフの方の投稿で2020年10月22日に投稿されたものでした。

ハングルを訳すと以下の通りになるようです。

 

スタイリストの方がとある人と一緒に仕事をした時に、想像以上の光景を見たとのこと。

具体的に何が起きていたのかは綴られていませんが「マネージャーがすごくかわいそう」という感想を抱く光景だったようですね。

また、この文章の中に「アイリン」という名前は一切出てきていませんが‥

前日のスタイリストのパワハラ暴露のコメント欄には、「自分もパワハラを受けた」というコメントがついていました。

そのため芋づる式にパワハラの告発が行われていた状況です。

 

【2020年10月22日】アイリンがインスタでパワハラを謝罪

アイリンがインスタでパワハラを謝罪

アイリンさんが2020年10月22日の21時頃にインスタでパワハラについて謝罪をしました。

暴露からわずか1日での出来事で、あまりのスピードで事が進んでいます。また、謝罪文を日本語に翻訳すると以下のとおりです。

アイリーンです。
私の愚かな態度と軽率な言動でスタイリストの方に心の傷を掛け心から申し訳ありません。
私がここにくるまで一緒に努力してくださった多くの方々の助けがあり、成熟していなかった行動が大きな傷を作った点を後悔して反省しています。
今回のことを通じて、過去の時間を振り返ってみると私の足りない言動の多くが恥ずかしく、スタッフの方々の大切さを改めて感じました。
今後このようなことがないように、より慎重に考えて行動します。
不足している私を応援してくださるファンの皆さんと今回のことにより、心配をおかけしたすべての方々に心からお詫び申し上げます。

パワハラがあったことを全面的に認め、パワハラをした人や関係者だけでなくファンにも向けて謝罪を行っています。

アイリンのパワハラ暴露と炎上に対するネットの声