福田萌子の実家は超セレブ!500年続く地主&1億超えの愛車がヤバい!

セレブな福田萌子

福田萌子さんの実家は超セレブです。

実家は室町時代から続く大地主で、そんじょそこらの金持ちとは訳が違います。

父親は会社経営者なのですが、室町時代からの地主という文字のインパクトは半端じゃないですね。

ということで、今回は福田萌子さんの実家のセレブっぷりについて特集をします。


福田萌子の実家は超セレブ!

福田萌子

福田萌子さんは初代バチェロレッテの名に恥じないほどのセレブです。

全国各地に10軒くらいも家(別荘含む)があるという、ちょっと異次元のお金持ちなんですね。

福田萌子

  • 北海道
  • 東京
  • 埼玉
  • 静岡
  • 大阪
  • 福岡
  • 沖縄

と北は北海道、南は沖縄までの主要な土地を網羅しています。中には1000坪もの土地を備えた家もあるとか。

サッカーコート

1000坪はサッカーコートの約半分の大きさと言うと分かりやすいでしょうか。

「家」と呼ぶにはあまりにも広すぎるんですね。

福田萌子の埼玉の実家の庭

出典:公式Twitter

そして、こちらは福田萌子さんのTwitterで公開された埼玉の実家の庭です。

庭という表現は失礼と思えるほどの豪華な庭園です。朱色に塗られた社まで設置されています。

また、どこの実家かは不明ですが実家には暖炉が設置してあります。

しかも薪をくべるタイプの正真正銘の暖炉です。

おとぎ話やアニメの中でしか見たことがない方も多いでしょう。

福田萌子の実家は室町時代から続く大地主の家系

福田萌子の実家

福田萌子さんの実家は室町時代から続く大地主の家系なんですね。

室町時代は1336年~1573年の間なので、最長で700年弱も家系が続いていることになります。

福田萌子さんは沖縄県出身ですが、父親の福田利夫さんは埼玉県出身です。

そのため、埼玉県に代々伝わる土地があるのでしょう。

いつのまにか建っていた邸宅には家紋がついています。

日本では家紋がある家庭は少なくありませんが、家に家紋を彫る人は少ないでしょう。

 

福田萌子の父親は沖縄の会社経営者

福田萌子

福田萌子さんの父親は会社経営者です。沖縄県で建設関係の会社を持たれているんですね。

すでに会社の社長は退かれているようですが、数十年間会社を0から成長させています。

苦難の時もあったようですが、沖縄県で大きな成功をおさめているんです。詳細については下記の記事を御覧ください。

 

福田萌子の実家の車のラインナップが凄すぎる!

福田萌子さんの実家の車にはメルセデス・ベンツやBMWもありますが‥

それ以上に凄い車もよりどりみどり。その中でも特に存在が際立つ2台をご紹介します。

①アストンマーチン「ラピードS」

2018年11月6日に福田萌子さんのインスタに投稿された画像がこちらです。

福田萌子さんと一緒に写っているのはアストンマーチンですね。

イギリスの往年の名車であり、007でジェームズ・ボンドがいつも乗っている車です。

車種はアストンマーチンの「ラピードS」という4ドアのタイプですね。

アストンマーチンはほとんどが2ドアなので、4ドアのラピードSは非常に珍しいものです。

新車価格は2,490万円とセレブなお値段となっています。

 

②フェラーリ「エンツォ・フェラーリ」

2014年12月17日にインスタに投稿された画像がこちらです。

福田萌子さんと一緒に写っているのはフェラーリです。おまけに、ただのフェラーリではありません。

これは「エンツォ・フェラーリ」というフェラーリの創業55周年を記念した限定モデルです。

日本には33台のみが正規輸入され、新車価格は日本円で約7,850万円でした。

現在では、あまりにレアなため中古車市場では2億~3億円で取引されているとの話です。

(中古車サイトで価格の欄は「応談」「ASK」となっている)

また、限定車であるためお金があるだけでは購入できないような代物

恐らく以前からフェラーリを複数台は所有していたか数億を支払って中古で購入したものか。

福田萌子は実家が超セレブでも全く調子に乗らない!

福田萌子さんの実家は超セレブでありながら、全く調子に乗ることがないんです。

その様子がよく分かるエピソードを2つご紹介します。

①中古のBMWを乗り続ける

福田萌子さんと一緒に写っているのは愛車のBMWです。

このBMWは写真を見る限りではE46型の3シリーズだと思われます。

現在購入しようと思えば新車の軽自動車の半額以下で購入できるほどなんですが‥

福田萌子さんはこのBMWを乗り続けます。

BMW 328i

BMW3シリーズ

廃車の危機を迎えるたびに両親を何度説得して修理に出し続けただろう。
家電や機械好きな父は毎回新しい物をと言ってくれるのですが、私はいつも『まだ使えるから大丈夫』と言って気持ちだけ有難く受け取っています。

引用:福田萌子Instagram

2001年に福田家にやってきて以来、現役で走り続けているんですね。

車にはBluetoothもなければバックカメラもついていないでしょう。

おまけに2000年頃のBMWは「内装の剥がれ」「電装系の故障」「樹脂製品の劣化」など故障が多いハズ。

それでも愛着があって、福田家の中でも萌子さんだけはご老体のBMWに乗り続けているんですね。

 

②相手の長所を見つけだすプロ

バチェロレッテをご覧の方ならよく分かると思いますが、福田萌子さんは相手の長所を見つけ出すプロです。

否定から入るのではなく肯定から入り、不快にさせることはありません。

  1. 不倫経験を打ち明けた男性に「それは経験値でもあるよね」と返答する
  2. ミス・ユニバースで利用したホテルの部屋を片付けて挨拶までする

バチェロレッテでは勇気を出して不倫経験があることを打ち明けた男性がいます。

本人は反省している様子ですが返答に困る場面でもあります。

そこでも福田萌子さんは「そういう経験値があるってことだよね」と返したんですね。

常日頃から相手の長所を見つけ出す考え方をしている証拠です。

福田萌子

また、ミス・ユニバースの審査の過程でホテルの部屋を利用した時のエピソードがあります。

常にファイナリストたちを近くで見守っていたホテルの従業員達からの人気が1番高かったのも福田萌子だったという。「毎日部屋を見ていたけど、常にキレイに生活していた」「すれ違うたびに笑顔で挨拶してくれた」「周りのファイナリストに接する態度にも、思いやりが伝わってきた」と、気配り、生活習慣、すべてにおいて大絶賛なのだ。

引用:BARKS

利用したホテルの部屋をきちんと片付けて挨拶までして帰って行ったんですね。

普通であればホテルの部屋を片付けるのは修学旅行くらいなものです。

その姿を称されてミス・ユニバースの合宿で「ビューティー・キャンプ・アワード」という生活態度が最も素晴らしかった女性に送られる賞を受賞しました。

ホテル従業員からの評価は合宿メンバーのなかでもピカイチでした。

実家がセレブでありながら誰よりも感謝と謙虚さを忘れないその姿に、多くの人が称賛を送っているんですね。

どこでこんな女性を見つけてきたんだ?

という感想が聞こえてくるほどで、バチェロレッテ2のハードルは非常に高くなりそうな予感がします。