伊藤健太郎の実家は金持ち!母親はサロン経営者で自宅に家政婦がいる?

伊藤健太郎

伊藤健太郎さんの実家はお金持ちと言われています。

母親はサロンやジュエリー販売の会社を経営しているからですね。

しかも、2020年現在は実家にお手伝いさんがいるという話もあるんです。

お手伝いさんがいる家は漫画かアニメでしか見たことがない人も多いでしょう。

ということで、今回は伊藤健太郎さんの実家について特集をします。


伊藤健太郎の実家は東京都の国立?

国立駅前

国立駅前

伊藤健太郎さんの実家は東京都にあるそうです。

出身は東京都の国立であり、現在も東京都の国立に実家があるのでしょう。

国立はJR中央線の駅で新宿からずっと西に進むと見えてきます。近くには国立の一橋大学があるベッドタウンですね。

というのも、母親が国立駅前に「オードリー」というサロンを経営していたからです。

国立

ジュネス国立の近く

ジュネス国立というアパートの一室を借りていたようですが、現在はオードリーは存在していません。

2011年頃まではブログが更新されていましたが、それ以降の消息は掴めていません。

いずれにせよ国立で生まれ育っていたのは間違いないようですね。

東京都下の地元では、家族で過ごす姿が目撃されていた。

引用:週刊女性PRIME

また、現在(2020年10月30日)も実家が東京都に実家があることも間違いありません。

伊藤健太郎の母親はサロン経営者?

①国立でサロンを経営していた

伊藤健太郎さんの母親はサロン経営者でした。

2010年頃に「オードリー」というサロンを国立で運営していたんですね。

  • ネイルサロン
  • 脱毛サロン
  • まつ毛エクステ
  • まつげパーマ

などなど、様々なバリエーションが存在しています。

サロンのサービスの値段や立地によってもまちまちですが、個人のサロンの売上が月に200万円いくことも珍しくはありません。

経費で半分が消え去ったとしても手元には100万円が残ります。

単純計算ですが年収で1,200万円程度を稼いでいても、何ら不思議なことはありません。

 

②真珠の販売も手掛けていた

伊藤美智子の母親の真珠

伊藤美智子さんの母親は真珠の販売も手掛る「アイパール」という会社を経営していました。

出身が三重県だからか、地元三重県の真珠を使ったアクセサリーを作っています。

伊藤美智子の母親の真珠

2012年頃まではFacebookで進捗を報告されていましたが‥今もジュエリー販売を続けているのか。

国立でのサロンの経営もジュエリー販売も現在では手を引いている可能性が高そうです。

伊藤健太郎の実家は金持ち?自宅にお手伝いがいる!

伊藤健太郎

伊藤健太郎さんの実家が金持ちな雰囲気があるのはこちらの影響です。

家族はどう思っているのか。実家を訪ねたが、「私はお手伝いの者ですから……何もわかりません」と、インターホンから弱々しく女性の声が聞こえてくるだけだった。

引用:週刊女性PRIME

伊藤健太郎さんが事故を起こしてやらかした件について、週刊女性PRIMEが伊藤健太郎さんの実家に突撃したのです。

インターホンを押して聞こえてきたのは女性の声でしたが、なんとお手伝いさんの声だったのです。

実家にお手伝いがいる!?

今の御時世では一般家庭でも家政婦サービスを使えるレベルではあります。

しかし、家にお手伝いさんがいるという響きはインパクト大ですね。