二階堂ふみは歌上手い?下手っぴな昔と今を動画で歌唱力を比較!

歌上手い二階堂ふみと下手くそな二階堂ふみ

二階堂ふみさんは歌上手いんです。

特に朝ドラの「エール」でオペラを歌った時は歌唱力が高く評価されていました。

しかし、2017年にとある歌を歌った時は「下手くそw」という評価を受けていました。

素人目に見ても音程がずれていて、音痴そのものだったのですが‥相当トレーニングを重ねたのでしょう。

ということで、今回は二階堂ふみさんの上手い歌と下手くそな歌を動画でチェックしていきましょう。


二階堂ふみは歌上手い?朝ドラのエールで話題に!

二階堂ふみは歌が上手いの?

実は2020年5月29日から放送たNHKの朝ドラ「エール」の第45話で歌を披露した時に、二階堂ふみさんの歌唱力が話題になりました。

Yahooニュースに掲載されるほどで「誰か歌の部分だけ吹き替えしたの?」と言われることも。

歌に関しては、昨年の夏辺りからレッスンを始めました。自分の体が楽器になるというまったく経験がないことだったので、毎回学びがあってとても楽しいです。

引用:Yahooニュース

声楽家を演じて実際に歌を歌うシーンがあるので、2019年の夏頃から歌のレッスンを始めていました。

撮影時期も考えれば半年以上はレッスンを続けていたのでしょう。

誰かの声で吹き替えをしなかったのは監督か、もしくは本人のこだわりだったのか。二階堂ふみさんはこれまで歌を発表したこともあり、そこに対する配慮もあったのかも?

①二階堂ふみの歌は概ね上手いと好評

大事なシーンで歌が下手くそだとお笑い伝説になってしまうので、NHK側も力を入れています。

視聴者からも概ね「歌上手い」と二階堂ふみさんの歌は高い評価を得ていました。

②さすがにライバルと比べると

音(二階堂ふみ)のライバルである千鶴子を演じているのは小南満佑子(こみなみ まゆこ)さんです。

小南満佑子

小南満佑子さんは本物の声楽家です。女優でありながら、

  • 東京音楽大学音楽学部声楽専攻卒業
  • 高校時代は声楽コンクールで奨励賞を受賞
  • 本業はミュージカル女優

と本物の声楽のプロフェッショナルなので、いくら練習しても二階堂ふみさんが見劣りしてしまうという声も。

二階堂ふみは歌が下手だと問題の「そばかす」

こちらが二階堂ふみさんの問題の動画です。

2017年1月2日に放送された「ぐるナイ」で「JUDY AND MARY」の「そばかす」を披露しました。

聞いていみると分かるのですが、音程が迷子です。端的に言って歌が下手くそなんですね(笑)

下手すぎたのかネットニュースでも取り上げられ、赤っ恥をかいてしまいました。

まさか、歌唱力を評価されて「エール」の主演に抜擢される日が来るとは、本人すら予想はしていなかったでしょう。

 

二階堂ふみが歌う「島唄」は上手かった?

2018年1月から放送されたドラマ「西郷どん」の第21話でも二階堂ふみさんは歌を披露しました。

この時に歌ったのは島唄ですが一般的に知られている島唄ではありません。

現地の言葉(奄美)で歌われており、ちゃんと翻訳までついています。

違和感なく作品に溶け込む歌声で、この時からすでに歌唱力は一定の評価を得ていました。

 

二階堂ふみが映画でテクノな歌を歌っていた?

2014年11月に公開された「日々ロック」という映画で二階堂ふみさんは歌を歌っていました

「ラブリーサマータイム」という歌で雰囲気はPerfumeそのものです。

しかし、先程のそばかすのことを考えると当時の二階堂ふみさんの歌唱力には疑問が残ります

さすがに地声ではなく音声が加工されているので、誤魔化しは効いていますが‥

加工の力の凄さを思い知らされます。