ウィスコンシン州の投票率が200%は不正?詳細をわかりやすく解説!

ウィスコンシンの不正選挙

2020年のアメリカ大統領選挙でウィスコンシン州の投票率が200%と騒ぎになっています。

投票率が200%になることは普通ありえません。有権者1人2票も投票する必要があります。

事実であれば不正か何かがおかしい状況です。

ということで、ウィスコンシン州の投票率が200%の詳細をわかりやすく解説します。


ウィスコンシン州の投票率が200%???不正してるのかwww

2020年11月4日に話題になったのが、大統領選挙での開票の経過でウィスコンシン州の投票率が200%となったことです。

日本の有権者は見習えよ

ともなりましたが、投票率200%は意味不明すぎてSNSで大きな話題になっています。

あまりにもおかしな状況なので不正選挙だと騒ぎにもなりましたが‥

ウィスコンシン州では何が起きているのでしょうか。

ウィスコンシン州の投票率が200%超えをわかりやすく説明

投票率が200%と言っても、開票したら有権者の数の2倍の票があったわけではありません

開票率が94%⇒95%になったら、バイデンの得票数が12万票(一説では14万票)も増えたんです。

開票率が1%増えた=12万票増えた」んですね。

  • 開票すると有権者の2倍の得票があったわけではない
  • 開票率が1%上がるとバイデンの得票数が12万票増えた

ウィスコンシン州の人口は586万人。

人口の1%=12万人であれば、ウィスコンシン州の1200万人でないとおかしいわけですね。

仮に全員が有権者だと仮定しても、

  • 正規の人口 :586万人
  • 計算上の人口:1200万人

と、得票率から逆算すると約614万人の謎の有権者が生まれてくるんです。

あまりにおかしいので州兵があらためて開票作業を行うとか。

ただし、州兵が動員されたのは機械が読み取り不能な13,500票を転記するためというのが真実だとか。

ウィスコンシン州の投票率200%は不正選挙なの?

ウィスコンシンの投票率200%の図

投票率200%の元になったのはこちらの図です。赤がトランプ青がバイデンを表しているのですが‥

バイデンのグラフが直角になっている部分がおかしいとなったんですね。

不正選挙の匂いがすると言われていますが、

  • 郵便投票の開票が行われた(郵便投票はバイデン票が中心)
  • 開票率の小数点以下が切り上げられた

などの要素があるとも言われています。

いずれにせよ、大統領選挙はカオスを極めています。