KOUGU維新の元ネタは刀剣乱舞?丸鋸は蛍丸にそっくりでヤバいw

kougu維新

KOUGU維新の元ネタは何なのでしょうか?

最初はお笑いコンビの「きつね」のコントから生まれたものですが、モチーフとしての元ネタは刀剣乱舞と言われています。

丸鋸というキャラは刀剣乱舞の蛍丸にそっくりすぎて問題になったほど。

そして、刀剣乱舞のファンからも熱い支持をされているんですね。

今回はKOUGU維新の元ネタについて特集をします。



KOUGU維新とは?「9人の2.7次元お笑いアイドルグループ」

KOUGU維新は2.7次元アイドルを自称するお笑い芸人集団でありアイドル?です。

最初は2人しかいませんでしたが、日を追うごとに続々新キャラが登場してついに工具男子は10人を超えました

設定の舞台は明治時代で、倒幕運動でぼろぼろになった建物を復興に導く命が宿った工具たち、という設定ですね。

毎週月曜日に放送されているバラエティ「有吉の壁」で誕生し、ちょっとダサイ絶妙な空気感が受けて、意外にも女性ファンからの支持が熱い集団。

動画を見てもらえれば分かるように、絶妙なダサさや動き前時代的な効果音がツボに嵌ります。

KOUGU維新の引き笑いをしてしまいそうな空気感は、とりあえずこの動画を見れば分かるレベルに仕上がっています。

さて、サブカルに詳しい人ならなんとなく想像がつきますが、KOUGU維新の元ネタは何なのでしょうか?

KOUGU維新の元ネタ=刀剣乱舞?

KOUGU維新の元ネタは「刀剣乱舞」と言われています通称「とうらぶ」です。

この項目では「刀剣乱舞」とKOUGU維新の繋がりなどをご紹介します。

①「刀剣乱舞」について

刀剣乱舞

刀剣を擬人化したブラウザゲームとして2015年から配信開始され、女性を中心に人気が爆発しミュージカル(刀ミュ)も大人気に。

舞台化(ミュージカルとは別!)、アニメ化、実写化もされて流行を超えてファンの心に定着したコンテンツとなりました。

2.5次元俳優というワードを有名にした立役者のコンテンツでもあります。(テニミュがパイオニア)

原作は好きだけど2.5次元はちょっと‥

というファンもいますが、それを踏まえても圧倒的な人気があるんですね。

この刀剣乱舞がKOUGU維新の元ネタと言われています。

KOUGU維新を見る度に刀剣乱舞を思い出す人も続出。

刀剣乱舞のファンからも愛されているんですね。

 

②刀剣乱舞との絶妙な距離感がウケている

KOUGU維新

KOUGU維新は刀剣乱舞を愛するファンからも人気です。

  • 絶妙な距離を保ったパロディ感
  • 細かい雰囲気が似ている

という細かい点が似ていることで人気が出ているんですね。パクリじゃないけど似てる。

「あるあるネタ」に近いものを手間ひまかけて研究していることが、ヒットの秘密の中もしれません。

KOUGU維新の「丸鋸」が「蛍丸」そっくりと炎上?

①新キャラの丸鋸が蛍丸にクリソツ

KOUGU維新が一度炎上したことがあります。

それは「丸鋸」というキャラクターが登場した時のことです。

丸鋸と蛍丸

左:丸鋸 右:蛍丸

刀剣乱舞に登場する「蛍丸」というキャラと見た目がそっくりなんですね。

「帽子」「服装」「マント」「靴下」「髪色」がほぼ同じで、違うのは背丈タンバリンを持っていること。

「雰囲気」という抽象的な要素ではなく、「見た目」が特定のキャラにそっくりなのは初のことでした。

大きな話題になり、ツイッタートレンドで「KOUGU維新」が浮上するほどの出来事になりました。


ちなみに、蛍丸は鎌倉時代に作られた大太刀のことで国宝にも指定されていました。

しかし、第二次大戦後に行方不明となり一説によるとアメリカで眠っているとも言われています。

蛍丸が大きな太刀を背負っているのは、史実の蛍丸が大太刀だからですね。

 

②丸鋸のビジュアル

丸鋸の新衣装

出典:Twitter

指摘が多かったからか、丸鋸のビジュアルが変更されました。

全面的に改修されて「髪色」「タンバリン」以外は以前の面影がありません


コスプレイベントでは無い以上、具体的な部分を似せてしまうのはよくないと分かった瞬間

やはり、KOUGU維新が愛されているのは

  • 刀剣乱舞へのリスペクト
  • 絶妙な距離を保った雰囲気の似せ方

が要因だったということでしょう。