半沢淳一のwiki経歴や学歴!半沢直樹のモデルでどこまで似てる?

半沢直樹

2020年12月22日に三菱東京UFJ銀行の頭取が半沢淳一氏になることが決定しました。

半沢という名字で半沢直樹を思い出す人が多いと思います。

なんと、半沢直樹のモデルは実在する半沢淳一氏であるという話もあるんですね。

どんな経歴で頭取まで上り詰めたのでしょうか。

今回は、MUFJの新頭取である半沢淳一氏のwiki経歴をご紹介します。

半沢淳一のWiki経歴&学歴

半沢淳一氏

名前 半沢 淳一
(はんざわ じゅんいち)
生年月日 1965年1月19日
学歴 東京大学 経済学部卒

半沢淳一氏は1988年に東京大学の経済学部を卒業し、同年に三菱東京銀行に入行されました。

そして、2012年5月に合併があり三菱東京UFJ銀行の行員となっています。

半沢直樹の舞台である東京中央銀行は、三菱東京UFJ銀行がモデルです。作者の池井戸潤氏も同行の元行員でした。

さて、半沢淳一氏は2014年6月にはMUFJグループの執行役員に。

2019年4月にはMUFJグループの常務に。

半沢氏は主に銀行の中枢である経営企画部門を歩み、18年には名古屋の営業責任者に就いた。現在は最高法令順守責任者(CCO)を務める。

引用:日本経済新聞(2020年12月22日)

CCOとはコンプライアンスに関するセクションのトップということですね。

そして、2020年12月に三菱東京UFJ銀行の頭取になることが決まりました。

計13人いる副頭取と専務を抜き、同行で初めて常務から頭取になる。

引用:日本経済新聞(2020年12月22日)

超大手銀行で前例のない人事があったことでも話題になりましたね。

半沢という名字のパワー、で片付けてしまうのは当人に失礼でしょう。

半沢淳一は半沢直樹のモデルだった?

①モデルになったのは名前だけ

半沢直樹

「半沢直樹の名前は、池井戸さんが三菱銀行時代の同期の中で最も優秀だと思った人から、名字だけ取ったという話です。いま物凄く偉くなっている半沢淳一さんです」

引用:東スポ

こう語るのは池井戸潤氏‥ではなく、池井戸潤氏の周辺人物のようです。

半沢淳一氏は池井戸潤氏の行員時代の同期だったとか。

池井戸潤氏が銀行をやめたのは1995年で、当時の半沢淳一氏は30歳です。

その頃から半沢淳一氏を見抜いていたとすれば、池井戸潤氏は審美眼も相当のものだったかも?

 

②半沢淳一氏の人柄は半沢直樹とは違う

半沢直樹

「三菱UFJは『東大卒・企画部門出身』が出世コースの保守本流。半沢氏も早くから頭取候補と見なされてきました。ただ、半沢直樹のような上司に楯突くタイプではなく、常に物腰柔らかな人物だと専らの評判です」(銀行アナリスト)

引用:文春オンライン

銀行の環境は意外とリアルと評判の半沢直樹

その中で物腰柔らかな人物というだけで、メガバンではレアな人材と言えるかも?

同銀行にいた元行員によれば「雲の上の人だったので会ったことはありませんが、温厚で部下からも慕われていると評判です。少なくとも『倍返しだ!』と猛々しく絶叫したり、『あなたからは腐った肉の匂いがする』なんて絶対に言わないタイプ。むしろ理知的で本質をしっかり押さえている方というイメージです」という。

引用:東スポ

高度な思考力と判断力をもったものの、人に対しては温和な人のようです。

半沢直樹とは違ったタイプの理想的な上司像を思い浮かべてしまいますね。

あんなに楯突く人間は銀行ではやっていけない

実際に半沢直樹みたいな行員はいない

と今まで言われ続けていました。

さすがに、半沢淳一氏は半沢直樹のように「倍返しだ!」と言う人ではなかったようです。

 

半沢淳一が頭取になり沸き立つTwitter

池井戸潤氏と同期という話が盛り上げにも一役買っていますね。