豆柴の大群のミユキがレコ大で倒れた!失礼と炎上した訳は?

豆柴の大群

2020年12月30日に放送された日本レコード大賞で、アイドルグループ「豆柴の大群」のメンバーが倒れる事件がありました。

倒れたのは「ミユキエンジェル」です。

病気や体調不良ではなく演出の一貫ですが、授賞式のタイミングだったのでネット上では炎上。

主に失礼、場違いと辛辣なコメントが飛び交ってしまいました。

今回は、豆柴の大群のミユキがレコ大で倒れた県について特集をします。

【動画】レコ大で「豆柴の大群のミユキ」が倒れた

2020年12月30日に放送された日本レコード大賞ことレコ大の授賞式で事件が起きました

アイドル「豆柴の大群」のミユキが受賞発表のタイミングで倒れたんですね。

そして、倒れたミユキをみんなで抱える展開に。

倒れたと言ってもお笑い的なずっこけたが正しい表現です。

その後司会の安住紳一郎アナウンサーが「心配されてる方がいると思うのですが、番組の密着が入っており、お芝居でそういう演出をされたようです。元気です」と説明した。

引用:モデルプレス

番組の密着とは恐らく「水ダウ」でしょうか。そして、

おいおいおいw

で終わるかと思いきや、豆柴の大群のミユキが倒れた件は炎上してしまいます。

豆柴の大群のミユキが倒れた件は「失礼と炎上」

ミユキエンジェル

豆柴の大群のミユキさんが倒れた件はSNSで炎上してしまいました。

受賞した人に失礼

場違い

と倒れた件が視聴者を不快にさせ、Twitterのトレンド入りしてしまいます。

中には笑って受け止めている人もいますが、お笑い賞レースですらずっこける人はいないのが普通です。

今回の件はやりすぎてしまったかもしれません。

また、レコード大賞は1959年から続く歴史ある番組です。

最近始まった歌番組であれば視聴者の受け止め方が違っていたかも?

豆柴の大群が倒れた件に対する声