習近平が緊急入院?脳動脈瘤の手術の一次ソースはYoutuberって本当?

習近平

2020年12月29日にあるニュースが話題になりました。

中国共産党のトップである習近平氏が脳動脈瘤の手術をうけるということです。

ネット上では極悪人の親玉として取り上げられることもあり、ネット上では大きな話題になりましたが‥

こういった話題は胡散臭いデマの可能性もあります。ということで、

  • 習近平が脳動脈瘤の手術をするのは本当なのか
  • ソースになった記事はなんなのか

について特集をします。

習近平の脳動脈瘤の手術で緊急入院!?

習近平

習近平の脳動脈瘤の手術は2020年12月29日にTwitter上で話題になりました。

Twitterトレンドに「習近平氏」「脳動脈瘤」が入る事態になり、世界の脅威である中国共産党のトップの病気に沸き立ちますが‥

話題性の大きさの割にヤフーニュースに掲載されることがありません。

ガセ情報ではないか

と疑う人も少なくはありません。

そもそもソースはどこなのでしょうか。

習近平の脳動脈瘤手術で入院の「ソースはYoutuber」

習近平の脳動脈瘤のニュース

習近平の脳動脈瘤手術のソースはアメリカ在住の華人のチャンネルです。

中国のニュースメディアのように考えている人もいますが、Youtuberのチャンネルです。(登録者は約20万人)

そのチャンネル「路徳(ルードゥー)社LUDE Media」が2020年12月27日に

習近平が脳動脈瘤の手術を受けるために入院をしている

と報道したんですね。

1本の動画が90分の長さがあり、おまけに全編中国語ですが報道をまとめると以下のようになります。

習近平

  1. 習近平が脳動脈瘤の手術のため入院
  2. 入院の情報はリークされた情報(公式発表ではない)
    ⇒アルゼンチンの医者がツイートが発端
  3. 入院前に国家緊急危機管理室を設置
  4. 入院前にプーチンに電話をした

とのことです。路徳社によると、プーチンに電話をした理由は3つあるとのこと。

一つは、プーチンに自分の体調は平気であることを伝え、心配しないようにと伝えるため。二つ目は中共党内の人々に対し、プーチンは自分側の人間であることを伝えている。三つ目は米国に、プーチンは自分側の人間であるため、軽率な行動を控えるようにと伝えている。

引用:FUJIKAI NEWS

政治的な意図と「危篤ではない」と伝えるのがメインのようですね。

クーデターや中国の民主化を期待する人もいますが、平和に向かうことはなさそう?

また、習近平の脳動脈瘤の手術が本当かどうかもまだ信用しきるのは危険かもしれません。

習近平の脳動脈瘤の入院は大したことない?

習近平の脳動脈瘤で世界の平和が近づくか、と考える人もいますが‥

恐らく中国が世界の脅威であることには変わらないでしょう。

脳動脈瘤の手術が真実と仮定して、平和にはならない2つの理由があります。

①重い手術ではない

習近平は入院前に「国家危機緊急管理室」を設置して身近な人物を配置したとのこと。

つまり、入院前に色々考えて実行に移すだけの元気があったんですね。

緊急手術ではないとの見方が強いです。

 

②習近平の独裁政権ではないから

中国の国旗

中国は中国共産党による一党独裁です。

国内では習近平を侮辱するだけでも警察に連れて行かれるレベル。

しかし、習近平の一党独裁ではありません

あくまでも独裁している党のトップと言うだけで、代わりはいます。

そのため、仮に習近平が死亡してもクーデターが起こらない限り、中国の進む道は変わらないでしょう。