わんわんハウスの大山田真美が炎上!従業員の内部告発の内容は?

わんわんハウス大山田真美の謝罪

ある犬の飼い主のインスタでの発信がキッカケで「わんわんハウス若松店」が炎上しています。

わんわんハウスはペットのトリミングや一時預かりをするお店。

お店というよりは、店のトップである大山田真美氏が炎上しています。

犬を預けた飼い主、そして従業員と思われる人物の内部告発により大きな騒ぎとなりました。

今回は、わんわんハウスの大山田真美氏の炎上について特集をします。

アダムの飼い主がわんわんハウスの大山田真美を告発

 

この投稿をInstagramで見る

 

アダム(@urim_ajp)がシェアした投稿

2021年1月26日にジャーマンシェパード「アダム」の飼い主がインスタにある投稿をしました。

いつものようにわんわんハウスにアダムを預けていたところ、以下のような事件が起きたようです。

事件が起きたのは同年1月12日のこと。

2021年1月12日。
アダムが亡くなった―――。

いつもと変わらずサロンに預けていると、
14時頃、店長の大山田氏から連絡があった。
アダムが病院に運ばれたと…。

15時過ぎに病院へ行くと既に息絶えた後だった。

「事故を起こしてしまい申し訳ございません。」
わんわんハウスからのお詫びはこの一言だけである。

店長の証言はこうだ。

「シャンプー中にアダムが暴れたので躾をした。
見せられないギリギリの訓練だったが、
殺意はなく事故である。示談で済ませて欲しい。」

引用:インスタグラム

その後従業員から内部告発があり、虐待と思われる躾が恒常的に行われていたようです。

アダムの司法解剖も行われ、青いあざがいくつも出てきたと報告しています。

これだけでは終わりませんでした。

その後わんわんハウスの従業員と思われる人物がTwitter上で内部告発を行いました。

わんわんハウスの店員がTwitter上で内部告発

わんわんハウス大山田真美の内部告発

アダムくんの一件がインスタグラムで告発された同日に、わんわんハウスの従業員と思われる人物がTwitter上で内部告発を行いました。

  • 大山田真美学園長の日頃の行い
  • 学園での先生や職員の心配

など主に大山田真美氏が園長を務める「アニマルカレッジ 九州動物専門学院」の内情が語られています。

内部告発によると2年間で約10頭もの犬が亡くなったという。

引用:インスタグラム

また、従業員によるとアダムくんだけでなく2年間で10匹の犬が亡くなっているとのことです。

 

大山田真美のメディアが全て閲覧不可に?

大山田真美

出典:Facebook

大山田真美氏が運用するサイトやSNSのアカウントがほぼ閲覧不可な状態になりました。

  1. LinkedInというオンライン上の名刺サービス
  2. アニマルカレッジ 九州動物専門学院のFacebookページ

などは現在閲覧不可の状態です。

わんわんハウスのHPで謝罪文を公開

わんわんハウスのホームページは現在謝罪文のみが閲覧可能です。(※一時はアクセスにパスワードの入力が必要な状態だった)

大山田真美氏の名前つきで、

  1. 事故が起きたことに対する謝罪
  2. 飼い主に対しては弁護士と相談を行い対応をする
  3. 事故について事実と異なる内容がSNSで拡散されている

とのことです。

つまり、大山田真美氏は告発されたないようについて否認をしています。

情報は至るところで拡散されており、ネット上で署名活動も行われています。

わんわんハウスの今後はどうなってしまうのでしょうか。