頭脳王のオセロはやらせ?河野玄斗のAIだけ弱く設定されてた?

河野玄斗

2021年2月19日に放送された頭脳王で東大医学部の神童「河野玄斗さん」がAIとオセロで対局をしました。

頭脳王名物の「ストレンジオセロ」という企画ですね。

プロレベルと言われるAIとの勝負ですが、河野玄斗さんは見事にAIに勝利。

しかし、河野玄斗さんが対戦したAIが意図的に弱くなっていたと話題です。

とあるオセロに詳しい人が奇妙な点をあぶり出したことで、一気に問題となったんですね。

ということで、今回は頭脳王のオセロやらせ疑惑について特集をします。

問題となった頭脳王のオセロ対決「河野玄斗 VS AI」

問題となっているのは2021年2月19日に放送された番組「頭脳王」での、河野玄斗さんとAIのオセロ対決です。

番組内では河野玄斗さん意外もオセロでAIと対決をしましたが、AIの前に敗北をしました。

しかし、河野玄斗さんは激戦の末にAIに勝利しました。

  • 河野玄斗はAIの打ち筋を見ていない
    (他の対局は見れなかった)
  • 京大主席の上木はAIに敗北

という中での勝利で、河野玄斗さんは賞金100万円を獲得!ただ、

この条件でAIが負けるのはおかしい

と指摘があったんですね。

頭脳王のオセロは配置とAIの動きがおかしい!?

頭脳王のオセロはやらせ

発端となったのはこちらのツイートです。

ツイート主はオセロに詳しい人物で、対局開始前の石の配置に目をつけました

この配置は正しく打てば黒が100%勝てる石の配置だというのです。

つまり、河野玄斗さんが負けるということは

  • AIがバグを起こす
  • 意図的に石の配置を調整されている

ということですね。

そもそも黒が必勝になる初期配置が大問題とのこと。

頭脳王のストレンジオセロはやらせだったのでしょうか‥

 

頭脳王のオセロやらせ疑惑で沸き立つTwitter