MISIAがターバンしてる理由は?ターバン無しの画像も気になる!

ターバンを巻くMISIA

MISIAさんと言えばターバンですね。

さかなクンのハコフグと同じ

という意見もありますが、その通りです。

MISIAさんとターバンは一心同体ですが、なぜいつもターバンをしているのでしょうか。

理由はアフリカが関わっていると言われています。

今回は、MISIAさんがターバンを巻いている理由について特集をします。

MISIAがターバンをしてる理由はアフリカが好きだから?

MISIAさんが常にターバンを巻いている理由にはアフリカが関わっているようです。

①2007年以降何度もアフリカを訪れていた

ターバンを巻くMISIA

MISIAさんは基本的にいつもターバンをしています。

なんでいつもターバンしてるの?

当たり前すぎて気にならなくなる人も多い中、言われてみると気になりますよね。

MISIAさんがターバンを巻いている理由について語ったことはありません。

しかし、MISIAさんとアフリカには強い繋がりがあるからだと言われています。

ターバンを巻くMISIA

MISIAさんは2007年に初めてアフリカを訪れました。

MISIAさんは、2007年に初めてケニアのスラムを訪れた時、生まれてすぐに捨てられたり、売られたりする子どもがいることを知りました。さらに売られた先で虐待を受けたり、教育を受けられなかったりということも多くあると聞きました。

引用:JICA

ただの旅行ではなくケニアのスラムを訪れて、アフリカの闇に触れたんですね。

アフリカが置かれている現実を知って、その後も何度かアフリカを訪れています。

  • ストリートチルドレンの支援
  • 難民の子どもたちの支援

など、多くの面でアフリカを支援しています。

特にアフリカへの思いは強く、07年に初めてケニアを訪れて以来、一般財団法人mudef(ミューデフ)を通じて教育支援、貧困・マラリア撲滅の活動を行っている。

引用:日刊スポーツ

その活動が讃えられて外務省が関わる第5回&第7回アフリカ会議というでは名誉大使も務めました

 

②アフリカの文化にも興味あり

ターバンを巻くMISIA

また、アフリカを支援するうちに文化にも強い興味を持ちました。

「流れている音楽も、女性のスタイルも違いますね。それぞれ違う文化があるので、非常におもしろいですね。やはり音楽が一番魅力的に映ります。私たちの概念にないような、洗練された音楽があるんですね」

引用:日刊スポーツ

アフリカの音楽に惹かれたMISIAさん。

リスペクトや想いを含めた上で、ターバンを巻くようになったのかもしれません。

そもそもアフリカでもターバンを巻くの?

ターバン

そもそもターバンと言えばインドのイメージでしょう。

しかし、ターバンはインドだけの帽子ではありません

イスラム圏、特に中東を中心とした文化の1つです。

ただしイスラム教以外にもターバンは広まっていて、アフリカでも一般的な文化となっています。

キリスト教じゃない日本でもクリスマスを祝うようになったのと近いかもしれません。

さて、MISIAさんのターバンは「アフリカンターバン」「ヘッドラップ」と呼ばれるものです。

ランプの魔人が頭に巻いているのとは少し違います。

色々な巻き方があってヘアアレンジに近いかもしれませんね。

MISIAのターバン無しの画像がこちら

ターバン無しのMISIA

こちらはターバンをしたいないMISIAさんです。

非常に貴重な画像ですね。

ターバンをしていないとブラックヘアという黒人文化の髪型をしていることが分かります。

ターバン無しのMISIA

こちらは2000年頃のMISIAさんです。同じくターバンを巻いていません。

初めてアフリカを訪れる2007年以前はターバンを巻いていないようですね。

やはり、ターバンを巻くようになった理由はアフリカなのでしょう。

 

「ついにターバンに食べられたMISIA」って何?

余談ですが、ターバンをつけているMISIAさんを見て細かすぎて伝わらないモノマネを思い出す人が続出

それは「ついにターバンに食べられたMISIA」というものですね。


北風ミシェルさんというものまね芸人が披露しました。

かなりインパクトがあったのか、いつまでもネット上で語り継がれています。