日韓戦の肘打ちはわざと?冨安は出血&歯が折れて炎上!

日韓戦

2021年3月の日韓戦もヒートアップしました。

韓国選手が冨安選手に肘打ちを食らわしたことは、特に日本のファンから批判殺到。

全くプレーに関係ない場所で肘打ちをし、冨安選手は流血沙汰です。

おまけにイエローカードすら渡されませんでした。

日韓戦での肘打ちはわざとだったのでしょうか?

今回は日韓戦での肘打ちについて特集をします。

【動画】日韓戦で韓国選手の肘打ちはわざと?

こちらが2021年3月25日に行われた日韓戦の肘打ちのシーンです。

プレート関係ないところでの肘打ちに見え、

わざとやっただろ!

と大きな話題になりました。

混戦していた場所でもなく、思い切り腕を引く場面でもないのでわざとだと言う説が濃厚です。

韓国の選手が後方にいる冨安選手に肘打ちを食らわしたものの、イエローカードすら渡されませんでした

レッドカードだろ!

とヒートアップして日韓戦には不穏な空気が流れます。

最終的に日本が3-0で勝利しましたが、冨安選手はどんな傷を負ったのでしょうか。

日韓戦で肘打ちされた冨安は歯が折れて出血?

日韓戦の冨安

肘鉄をくらった冨安選手は口が裂傷して流血沙汰です。

日韓戦の冨安

冨安選手は下の歯が無くなっているので、

肘打ちで歯が折れてる!

とかなり話題になりました。

ただ、日韓戦で歯が折れたのかそれ以前から無いのか定かではありません。

 

日韓戦の肘打ちがTwitterで話題

VARは主審や副審とは別に、映像を見ながら審判をするレフェリーのこと