マリエは若い頃から顔も仕事も変わった?昔は何をしてたの?

マリエの若い頃

マリエさんが若い頃はどんな感じだったのでしょうか。

「顔が変わった」と感じる人もいますが、10年も経てばやはり顔は変わります。

それ以前に昔は何をしていた人なのか、よく知らない人もいるでしょう。

昔はモデルとして活躍し、18歳頃にタレントとしてデビューしたんです。

どんなタイプのタレントだったのでしょうか?

ということで、若い頃のマリエさんについて特集をします。



マリエは若い頃から顔変わった?

マリエ

2021年

マリエさんがテレビに出ていたのは2000年~2010年頃です。

インスタライブの告発で再度有名になりましたが、タレントだったのは10年以上前。

10年もあれば誰でも顔は変わりますが‥

若い頃と今のマリエ 

左:昔 右:現在

昔よりエラがはった?

と言われています。

ストレスや事業の立ち上げの苦労が顔から出ている、という噂も。

ただし、写真によってエラがはって見えるだけの可能性もあります。

マリエ

左:昔 右:現在

現在のインスタグラムに上がる画像を見るとそこまでエラは張っていません。

ただし、昔のようなイケイケ感はなく落ち着いた雰囲気です。

自身のブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」を引っ張っていく事業主として、風格が出てきました。

さて、そんなマリエさんが若い頃はどんなタレントだったのでしょうか。



マリエは若い頃から仕事もセレブ生活も変わっていた?

①昔はタレント、現在は‥?

マリエ

マリエさんが若い頃はタレントでした。

現在はタレントではなくファッション関係の仕事をしています。

専門学校の講師やラジオにも出演していますが、中心はファッションの仕事です。

2011年の秋から半年間海外のファッションで有名な大学へ留学。

日本に帰国してから約5年後、2017年の夏に自身のブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」をオープン。

アーティストや職人に愛されるアパレルブランドへと成長しました。

詳細については下記の記事をご覧ください。

 

②昔はスーパーセレブ!今は‥?

マリエの父親

マリエの父親

父親がオイルの輸入会社の社長で、スーパーセレブだったんです。

自動車オイル輸入代理店社長を父に持つセレブタレント。自宅はニース、パリ、ロスと都内に2軒。自家用ヘリとクルーザーまで所有していると言われていた。

引用:女性自身(2015年4月28日)

昔は漫画に出てくるスーパーお嬢様レベルの財力がありました。

しかし、現在は両親が離婚していて、異次元のセレブではなくなったようです。

詳細は下記の記事を御覧ください。




マリエが若い頃はどんなタレントだったの?

マリエさんが若い頃はどんなタレントだったのでしょうか。

マリエって誰?

という人も少なからずいます。ということで、幼少期からどんな人だったのかをご紹介します。

①小学5年生でモデルデビュー

赤川こはる

マリエさんが小学5年生の時に、姉の影響でモデルの仕事を少しずつ始めました。

私の姉がモデルをしていたので、現場に連れて行ってもらい、小学校5年生の頃、姉に「やってみれば?」と言われたんです。それからちょっとずつ仕事をさせてもらいモデルの仕事に興味を持ち始め、好きになりました。

引用:タレントデータバンク

13歳の頃は「赤川こはる」という名前で「Harajukuロンチャーズ」というBSテレビの番組にレギュラー出演。

マリエさんには「玉木パスカルマリエ」という別名義がありますが‥

赤川こはるは完全な芸名のようですね。

 

②18歳でViViに出演し有名に

マリエ

赤川こはる時代とは打って変わって、ギャルっぽくなりました。

15歳の時に原宿でスカウトされ、レプロに所属。

18歳になるとViViのモデルとして活躍されました。

ViVIで有名になったことでタレント活動も始まります。

 

③セレブアイドルとしてデビュー

マリエ

マリエさんはセレブアイドルことセレドルとしてデビュー。

父親が社長で祖母は映画プロデューサーという華麗なる一族。

歯に衣を着せない物言いや、セレブ感のない言動が受けて多くの番組に出演。

  • 世界バリバリ★バリュー
    不定期出演
  • 笑っていいとも!増刊号
    2007年10月7日~2010年10月3日
  • ユニクロのCM
    新垣結衣と共演

などなど、テレビで多数活躍をされました。

しかし、2011年を機に紳助とは別の理由でテレビ出演がほぼなくなります。

その後や現在については以下の記事を御覧ください。