【悲報】小室圭さん、マジで暗殺されそう

常田大希の兄は東大出身バイオリニスト社長!家族の経歴も凄すぎ?

常田大希の兄の常田俊太郎

King Gnu常田大希さんの兄は常田俊太郎さんという方。

イケメンでIT企業の社長で、東大卒で更にバイオリニストです。

経歴に全く隙がない漫画に出てきそうな人物ですね。

しかし、常田ファミリーは兄以外も超人揃いです。

祖父に至ってはカラーテレビを開発して天皇から勲章をもらった経歴もあります。

ということで、今回は兄の俊太郎さんや華麗なる常田ファミリーについて特集をします。

常田大希の兄「常田俊太郎」の超人的プロフィール

常田大希の兄の常田俊太郎

名前 常田 俊太郎
(つねた しゅんたろう)
生年月日 1990年
(大希の2歳年上)
出身 長野県
学歴 東京大学工学部 卒
備考
  1. イケメン
  2. 東大出身
  3. IT社長
  4. バイオリニスト

常田大希さんの兄は常田俊太郎(つねたしゅんたろう)さんという方です。

まず写真を見れば分かる通りイケメンで、「兄弟揃ってイケメン」「かっこええわあ」と俊太郎さんも人気を博しています。

しかし、凄いのは顔だけではありません。

  • 出身大学:東京大学工学部
  • 職  業:経営者(IT社長)
  • 音  楽:学生時代にバイオリンのコンクールで入賞

など、何をやっても突き抜けた成果を出してしまう超人です。

現在(2021年)は株式会社ユートニックのCEOを務めながら、楽曲のアレンジやレコーディングにも携わっています。

常田大希の兄の常田俊太郎

情熱大陸

ちなみに、情熱大陸で常田俊太郎さんの特集が組まれたと勘違いされることがあります。

しかし、2020年2月24日に放送された「情熱大陸」の常田大希さん特集の際に、テレビに出演しただけです。

常田大希の兄は東大出身のIT社長!

①東大を卒業してから起業をするまで

常田大希の兄の常田俊太郎

兄の俊太郎さんは長野県の進学校である伊那北高校を卒業後は、東京大学工学部に入学しました。

卒業後は戦略系のコンサルティングファームに就職。

新規事業や事業の改革、組織改革など大きな仕事に携わっていたんです。

戦略系コンサルティングファームCDIのプロジェクトマネージャーとして、新規事業開発や事業戦略策定、組織改革などのテーマにおいて、プロジェクト経験を積む。

引用:note(ユートニック公式)

CDIという1986年創業の日本発のコンサル会社ですね。

上海や台北、シンガポールなど海外に5箇所の拠点を持ちながら、僅か61名(2020年4月現在)の社員で仕事を回しています。

ユートニック

さて、俊太郎さんが会社を立ち上げたのは2018年のことです。

株式会社ユートニックを立ち上げ、会社での経験とこれまで関わり続けた音楽に関する仕事を選択したんです。

ユートニックは共同創業者の今井と二人で作った会社ですが、自身のビジネスコンサルタントとしての業界経験、今井のプロダクト開発経験を掛け合わせ、音楽やアートの領域を俯瞰的に捉えつつ、変革を起こせたらと創業しました。

引用:note(ユートニック公式)

では、ユートニックとは何の会社なのでしょうか?

 

②株式会社ユートニックは何の会社?

常田大希の兄の常田俊太郎

株式会社ユートニックの看板所品は、ユートニックというサービスです。

クリエイターが消費者に向けてコンテンツを販売できるプラットフォームの提供ですね。

引用:utoniq

音楽やイラスト集、書籍や教材など様々な商品を販売でき、オンラインサロンの展開も可能です。

感覚的にはfanboxやココナラのようなもので、クリエイターのための無形商材の販売に特化した場所の提供ですね。

木梨憲武のアプリ

とんねるずの木梨憲武さんも、ユートニックを利用して自身のアートを販売しています。

木梨憲武さんが提供しているのはアプリです。

妖精キャラクター「フェアリーズ」をコレクションできるアプリ「フェアリーズコレクション」

引用:PR TIMES

こちらが木梨憲武さんの考案したフェアリーズです。

木梨憲武のフェアリーズ

独特の感性が光りますね。

常田大希の兄はバイオリンで全国入賞をする腕前

①バイオリンの経歴が凄い

常田大希の兄の常田俊太郎

兄の俊太郎さんは4歳の頃からバイオリンを始めていました。

父親はジャズピアノ、母親はクラシックピアノをやっていたので、音楽の道へ進むのは必然だったのかもしれません。(弟の常田大希さんはチェロ)

北原よし子氏、元NHK交響楽団コンサートマスター・⽥中千⾹⼠⽒の元で研鑽を積む。

引用:JPCO

近所のバイオリン教室ではなく、一流のプロに師事をしたのは本気の現れですね。

中学生・高校生になってもバイオリンを続け、多くの大会で入賞をします。

  • 第17回⽇本クラシック⾳楽コンクール全国⼤会
    ⇒5位⼊賞
  • 第60回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門東京大会
    ⇒入選
  • 第9回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールジュニア部門全国大会
    ⇒3位

多くの成果を出しながらも、俊太郎さんはプロの道へは進みませんでした。

大学に入学する時点でプロになるつもりはなかったんです。

もともと大学を選んだ時にはすでに「音楽は趣味」と位置付けていました

引用:note(ユートニック公式)

なぜ、プロを目指さなかったのでしょうか?

 

②なぜ音楽の道に進まなかったのか?

常田大希の兄の常田俊太郎

兄の俊太郎さんはなぜ音楽の道に進まなかったのでしょうか。

大学進学の際に悩んだ結果のことでした。

そのまま音楽の道に進むかどうか選ぶタイミングでいろいろ考えた結果、専門にはしなかったということなんです。

引用:音楽主義

音楽の世界の厳しさを知ったからなのか、熱意が足りないと悟ったからなのか。

それは俊太郎さんにしか分かりません。

しかし、現在はレコーディングに携わっていたり、立ち上げた会社でもクリエイターの支援をするなど、音楽を愛する気持ちは変わっていません。

 

華麗なる一族「常田ファミリー」

楽譜

兄の俊太郎さんは超ハイスペック男子ですが、一家揃って常田ファミリーはとんでもない一族なんです。

まず1つ目に常田ファミリーは音楽一家です。

  • 父はジャズピアノ
    ⇒職業はロボットエンジニア
  • 母はクラシックピアノ
    ⇒職業は音楽講師
  • 常田俊太郎さんはバイオリン
  • 常田大希さんはチェロ

と毎日音楽と共に生きていた家族です。

また、それだけではなく祖父と祖母も凄いんですね。

祖父はカラーテレビの開発者の常田朝秀

常田大希が7年間2人で過ごした祖母はマクドが大好き

祖父はなんとカラーテレビの開発者の常田朝秀さんという方なんです。

常田大希の祖父と祖母

功績を讃えられて紫綬褒章という勲章も授与しています。

紫綬褒章とは?
科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術文化分野における優れた業績を挙げた人に与えられる褒章。授与されるのは国からではなく天皇から。

勲章は天皇から授けられるものなので、只者ではありません。