永遠にともにが結婚式のタブーにw陣内&コブクロの不倫で呪いの歌へ! 

永遠にともにの呪い

コブクロが2004年10月にリリースしたバラード「永遠にともに」は多くの人に愛されてきました。

結婚式の定番ソングでしたが、今ではタブー視されている曲です。

そのキッカケは、陣内智則さんが藤原紀香さんとの結婚式で「永遠にともに」を弾き語ったからです。

皆さんご存知のように、陣内智則さんは不倫をして離婚をしました。

さらに、コブクロの2人も不倫が発覚したことで「永遠にともに」は不倫ソングになったんです。

ということで、「永遠にともに」を不倫ソングにした3人の不倫の詳細をご紹介します。

永遠にともにが結婚式のタブーにw

永遠にともに

永遠にともに

コブクロの「永遠にともに」は結婚式の定番ソングでした。

歌詞は結婚式にピッタリだったのですが、次々と不倫をする人の代表曲となってしまいました。

今では結婚式のタブー曲の1つでもあります。

その原因は陣内智則さんとコブクロの2人です。

  1. 陣内智則
    ⇒藤原紀香との結婚式で永遠にともにを弾き語る
    ⇒不倫が原因で離婚
     
  2. 小渕健太郎(コブクロ 小)
    ⇒2016年に不特定多数との不倫が発覚
    ⇒「永遠にともに」の作詞作曲者
     
  3. 黒田俊介(コブクロ 大)
    ⇒2021年に不倫が発覚

関係者が続々と不倫問題を起こしてしまったからです。

今では「永遠にともに」は不倫を連想させる歌になってしまいました。

では、それぞれどんなことをやらかしてきたのでしょうか?

陣内智則は結婚式で「永遠にともに」を弾き語り⇒不倫で離婚

永遠にともにを歌った陣内智則

陣内智則さんといえば、2007年2月に藤原紀香さんと結婚をされました。

しかし、2008年の夏頃に陣内智則さんの不倫が発覚し、2009年3月に離婚が成立しました。

タレントを含む複数人と浮気をしていたようで、渡部タイプの不倫です。

さて、陣内智則さんは結婚式でコブクロの「永遠にともに」をピアノで弾き語ったんです。

陣内が2007年に元妻で女優の藤原紀香(42)との結婚式で同楽曲のピアノ弾き語りを披露した

引用:日刊スポーツ

こちらがピアノの弾き語り動画です。

そのせいで、「永遠にともに」は不吉なイメージがついてしまいました。

結婚式では使えない

という声も出てきました。

陣内智則さんも声を耳にしていたのか、コブクロは不倫に怒っていると思っていました。

ただし、コブクロの黒田俊介さんが怒っていないと明かして一件落着‥

「コブクロサイドが気を悪くしてるって言われるんですけど、ぼくは全く無い。ああやって陣内さんが歌ってくれて、おかげさまでコブクロを知って頂けたから僕は感謝しか無い」

引用:日刊スポーツ

どのみち結婚式でタブーとされるキッカケを作ったのは紛れもなく陣内智則さんですが‥

永遠にともにの呪いは序章に過ぎませんでした

 

「永遠にともに」の作詞作曲者の小渕健太郎が不倫

「永遠にともに」を作詞作曲したのは小渕健太郎さん(小さい方)です。

しかし、奥さんと「永遠にともに」いるつもりはありませんでした。

①小渕健太郎は中学の同級生と結婚

コブクロ

コブクロの小さい方こと、小渕健太郎さんは結婚されています。

結婚されたのは1997年の冬で、コブクロとしてデビューする前。

当時の小渕健太郎さんは会社員として働いていました。

結婚相手は中学の同級生で、高校時代から交際を始めていました。

ラブコメみたいな展開‥

現在は3人の子供に囲まれていますが‥

 

②不特定多数の女性との不倫が発覚

小渕健太郎

2016年10月に小渕健太郎さんの浮気が発覚。

結婚後に数多くの女性と関係を持っていたようです。

女遊びが激しく、公演ごとに女性を招待。さらには、「あの曲は君を思って作った」とうそぶくこともあるという

引用:exciteニュース

  • 地方のタレント
  • 有名なモデル
  • 大阪のホステス

など、不特定多数の女性と夜を楽しんでいたとのこと。

しかし、離婚していません

永遠にともにの結婚式でのタブー色がどんどん強くなっていきます‥

 

コブクロの黒田俊介も不倫!永遠にともにのタブー視にトドメ

コブクロ黒田俊介

永遠にともにを結婚式のタブーにするトドメを刺したのがコブクロの黒田俊介さんです。

黒田俊介さんは2005年に専門学校の同級生と結婚しています。

インディーズ時代も支えてくれた妻

と言っており、奥さんを大事にしなければいけないはずでした。

おまけに3人の子供もいますが‥

2017年頃から戸田恵梨香似のAさんと不倫をしていました。

コブクロ黒田俊介

一日400通もLINEをする

と高校生も驚きの熱々ぶりでしたが、2020年ころから黒田俊介さんが相手の女性に飽きてきたようです。

ご無沙汰になるとAさんが自宅に押しかけてきたり、泥沼展開に

黒田俊介さんは弁護士にも相談してA子さんはストーカー扱いされた結果‥

A子さんは精神を病んでしまい、オーバードーズをしてしまう事態になりました。

コブクロが所属する事務所が謝罪をすることにもなり、大事件となったんですね。

ここまでコンボが決まると、「永遠にともに」は永遠に結婚式でタブーとなりそうです。