小室圭-Wiki journal-|生い立ちから学歴・人物像のまとめ

小室圭

小室圭(こむろけい、1991年10月5日-)は日本の一般人。

秋篠宮家の眞子内親王の婚約内定者である。元三菱東京UFJ銀行の行員であり、奥野総合法律事務所で勤務していた。

カナディアンインターナショナルスクール卒業、国際基督教大学(ICU)教養学部アーツ・サイエンス学科卒業、一橋大学大学院国際企業戦略科卒業、フォーダム大学ロースクール卒業。

小室圭の来歴

小室圭

名前 小室圭
(こむろけい)
生年月日 1991年10月5日
出生地 神奈川県横浜市
出身校 国際基督教大学
教養学部
一橋大学大学院
国際企業戦略科
フォーダム大学
ロースクール

小室圭は眞子内親王の婚約内定者。1991年5月3日生まれ。

2010年9月に国際基督教大学(ICU)教養学部アーツ・サイエンス学科へ入学。

2012年6月に学内で行われた交換留学説明会にて眞子内親王と出会い、2012年8月頃には交際がスタート。

2014年6月に国際基督教大学(ICU)教養学部アーツ・サイエンス学科卒業。

2014年7月に三菱東京UFJ銀行入行して丸の内支社に配属される。

主に法人営業を行っていたが、2016年頃に退職。

退職後は奥野綜合法律事務所でパラリーガルとして働きつつ、2016年9月に一橋大学大学院国際企業戦略科に入学。

眞子様と小室圭

婚約内定会見

2017年5月16日に眞子内親王との婚約準備が開始されたと報道され、同年9月3日に婚約を発表し記者会見を行った。

しかし、小室圭の母親の金銭トラブル(400万円の借金)に関する報道が加熱し、宮内庁は2018年2月6日に結婚に関連する諸々の儀式の延期を発表した。

2018年3月に一橋大学大学院国際企業戦略科を卒業し、2018年8月からアメリカのフォーダム大学大学ロースクールへ入学。

特待生として入学し、留学先での生活費は奥野総合法律事務所が負担していると報道されている。

2021年5月にフォーダム大学ロースクールを卒業し、2021年7月にニューヨークの司法試験を受験する予定。

 

眞子内親王と小室圭の関係

小室圭と眞子内親王は2012年6月、国際基督教大学の交換留学説明会にて出会う。

小室圭と眞子内親王は大学の同級生であり、同年8月には交際をスタート。

2013年12月に小室圭が眞子内親王に食事の帰り道でプロポーズをした。

2016年10月には「週刊女性」が眞子内親王とのデート現場を報道される。

眞子様と小室圭

同伴の男性の素性は明らかにされなかったが、学生時代から交際中の小室圭である。

2017年5月16日にはNHKが眞子内親王と男性が婚約準備中と報じ、宮内庁も報道の内容を認めた。

同年9月3日に婚約の内定が決まり、小室圭と眞子内親王の両名による婚約内定会見が行われた。

しかし、小室圭の母親の金銭トラブルをめぐる報道が加熱し、宮内庁は2018年2月6日に結婚に関連する諸々の儀式の延期を発表。

金銭トラブルだけでなく、小室圭の母親と反社会的勢力との繋がりも報道があり、国民からは別れるべきとの声が強まる。

その影響もあってか、2018年11月22日に眞子内親王の父親である秋篠宮文仁親王が、小室圭と眞子内親王の結婚に対して「小室圭さん側の相応の対応がなければ正式な婚約は行えない」旨のコメントを残した。

秋篠宮さまは小室さん側が「それ相応の対応をすべきだ」と指摘。現状では正式な婚約にあたる「納采の儀」は行えないとの認識を示された。

引用:日本経済新聞

小室圭は2018年8月からアメリカに留学しており、報道ばかりが加熱する時期に移行する。

小室圭と眞子内親王の両名の結婚の意志が非常に固いことも一因である。

 

小室圭の生い立ち

幼少時代~高校卒業まで

  • 大倉山アソカ幼稚園卒業
  • 国立音楽大学付属小学校卒業
  • カナディアンインターナショナルスクール卒業
    (中高一貫)

1991年10月5日に神奈川県横浜市で産まれる。

兄弟はおらず一人っ子である。

3歳から小学生高学年までバイオリンを習っていた。

2001年、小室圭が10歳の時に父親が自ら命を絶つ。

父方の祖父が後を追い、祖父の遺産交渉の末に小室圭が多額の遺産を相続したと報道されている。

 

大学時代

2010年9月に国際基督教大学(ICU)教養学部アーツ・サイエンス学科へ入学。

大学1年生の時には「湘南江の島海の王子」という観光大使のようなものに就任するなど、大学生活を楽しまれていた。

大学1年のころには、神奈川県の藤沢市観光協会が主催する『湘南江ノ島海の王子』にも就任

引用:週刊女性PRIME

大学3年生の時はカリフォルニア大学のロサンゼルス校に留学。

TOEICで950点を獲得できる高い英語力を持っていた。(TOEICは990点満点)

 

小室圭の人物像

  • 小学生時代はひょうきんで面白い人
    (教科書を読むだけで面白い雰囲気を作り出せる)
  • 大学時代の小室圭はムードメーカー「フランクで親しみやすい」
  • 銀行員時代は社内であまり交流をしない人だった
    (眞子内親王との交際もあり行内での交流を避けていた?)
  • 同僚いわく「朝礼の時は大きな声ではきはきと喋り、笑顔も輝いていた」