眞子さまの【パコ様ロイヤルポテチ事件】とはw

バッハ会長の経歴がヤバい!金メダリストで弁護士兼企業の重役!

バッハ会長の経歴

IOCのバッハ会長は何者なのでしょうか。国籍や経歴が気になるところ。

実は西ドイツ出身の元オリンピック選手なんです。

フェンシングの選手として76年のモントリオールオリンピックに出場して金メダルを取っています

しかも弁護士になったり、大企業の重役であったり、かなりすごい人なんです。

ということで、今回はバッハ会長の国籍や経歴について特集をします。

【概要】バッハ会長の経歴をざっくりとご紹介

バッハ会長

名前 トーマス・バッハ
生年月日 1953年12月29日
出身 西ドイツ
国籍 ドイツ
備考 筑波大学名誉博士

バッハ会長は西ドイツで生まれ育った、「フェンシング選手」「弁護士」「複数企業の重役」の3つの顔を持つトリプルフェイスです。

旧連合国側のドイツで生まれ、5歳の頃にはすでに有望なフェンシング選手になっていました。

1976年には西ドイツの代表としてモントリオールオリンピックに出場し、フルーレ代表で金メダルを獲得。

世界選手権でも数多くのメダルを獲得した、1970年代を代表するフェンシングの名士でした。

バッハ会長

選手としてだけでなく1人のビジネスパーソンとしての経歴もかなりのもの。

実は選手時代に大学に通いながら政治学、法学を学び、1983年には弁護士の資格を取得したんです。

弁護士事務所を解説し、1985年にアディダスの国際関係局の責任者に就任してからは、

  • 建設会社
  • 機械の製造会社
  • 保険会社

を始めとする多くの企業の会長や顧問、監査役を渡り歩いていました。

そして、2013年からIOCの会長(9代目)を務めています

バッハ会長のメダリストとしての経歴

フェンシングの選手だった頃の経歴や、イケメンすぎる若い頃の画像をご紹介します。

オリンピック以外でもメダルの常連

1976年にフルーレ団体で金メダルを獲得したバッハ会長

上記の画像は金メダルを獲得した時の写真です。

イケメン‥なのか?

実は別人レベルのイケメン写真があるので後ほどご紹介します。

フェンシングをするバッハ会長

さて、バッハ会長は世界選手権でも多くの功績を残しています

【世界選手権(団体)】
1973年
イェーテボリ
1977年
ブエノスアイレス
1979年
メルボルン

1978年のドイツ選手権では個人で金メダルを獲得。

歴史に名を残すフェンシングの選手だったんです。

イケメンすぎるバッハ会長の写真

バッハ会長の若い頃

1972年 19歳

こちらも若い頃のバッハ会長の姿です。

今でこそ悪の権化扱いされていますが、若い頃はかなりのイケメン

イケメンで国を代表するフェンシングの選手、しかもメダリストとなればメディアに持て囃されること間違いなしですね。

バッハ会長がまだ19歳の頃(1972年)の写真です。

本当にバッハ会長なの?

あまりにイケメンなので別人にしか見えませんが‥

ドイツの国際放送局ドイチェヴェレが2015年から運営するDW NEWSに、バッハ会長の写真として掲載されていたので、本人で間違いありません

トーマス・バッハ

出典:DW NEWS

先程のひげをはやした写真の男性とはまるで別人です。

4年の間に何があった

フェンシングをするバッハ会長

それはさておき、現在でもフェンシングに興じることがあるようです。

元メダリストとしての血が騒ぐのでしょうか。

バッハ会長の凄すぎる経歴

バッハ会長

最初にも触れましたが、バッハ会長はただのメダリストではありません。

弁護士であり数々の大企業の重役でもあったんです。

  • 1982年:司法試験に合格
  • 1985年:アディダスの国際関係部局の責任者に就任
  • 1995年:建設コンツェルンの顧問に就任
  • 2000年:シーメンスの顧問に就任
  • 2006年:ゴルファ・アラブ・ドイツ商工会議所の会長に就任

数々の経歴を並べましたが、これでもバッハ会長の輝かしい経歴の一部です。

さすがはIOCの会長と言ったとことでしょう。

 

ぼったくり男爵の汚名を着るバッハ会長

ぼったくり男爵のバッハ会長

出典:ワシントン・ポスト紙

輝かしい経歴の持ち主でしたが、2021年開催の東京オリンピックを巡って「ぼったくり男爵」の汚名を着ることとなりました。

ぼったくり男爵と揶揄したのはアメリカのワシントン・ポスト紙ですね。

Baron Von Ripper-off

=ぼったくり男爵

コロナ禍でのオリンピック開催となり、賛否両論で埒が明かない中、バッハ会長は開催を支持していました。

オリンピック開催否定派からすれば金の亡者にも見えるでしょう。