バッハ会長の宿泊先のホテルどこ?1泊300万円のオークラって本当?

バッハ会長

東京オリンピック開幕に向けて、2021年7月8日にバッハ会長が来日しました。

泊まっているホテルは5つ星ホテルと報道され、詳細は表に出ていませんでした。

しかし、一瞬にして特定され「ホテルオークラ東京」であることが発覚。

デモ隊がホテルオークラに押しかける事態にも発展しました。

では、バッハ会長の宿泊先ホテルの詳細についてご紹介します。

バッハ会長の宿泊先「ホテルオークラ」

ホテルオークラ東京とは?

ホテルオークラ東京

名前 ホテルオークラ東京
住所 〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目10−4

バッハ会長が宿泊しているのは5つ星ホテルである「ホテルオークラ東京」です。

ホテルオークラは日本のホテル御三家の1つで、1958年に設立されました。

帝国ホテルを超えていく!

という意気込みで作られたホテルで、有名人や海外の要人も利用する由緒正しきホテルです。

中村勘九郎さんや、中村獅童さんが結婚式をあげたのもホテルオークラ東京ですね。

なぜホテルオークラにいるとバレた?

バッハ会長

なんで宿泊先がホテルオークラだとバレたの?

バレた原因はテレビのニュースです。

ホテルへ向かうバッハ会長の車などが映し出され、背景にホテルオークラ東京が映っていました

特定してくれと言わんばかりの報道体勢ですね。

バッハ会長は1泊300万円の部屋に4万円で宿泊?

バッハ会長

バッハ会長は1泊300万円のスイートに、わずか4万円強で宿泊している可能性があります

「The Okura Tokyo」には、国内最高額とされる1泊300万円のスイート(720平米)があるが、IOC側の負担額の上限はどんな部屋でも1泊400ドル(約4万4000円)までと定められ、差額は組織委が負担する。

引用:Yahooニュース

規定によりIOC側が負担する金額は400ドルまでなので、どんなに高級な部屋でも低額で泊まることができるんです。

本当に300万円のスイートに宿泊しているかは分かりません

しかし、要人が格安の部屋に泊まることはありえません

要人警護のSPがつくことは間違いなく、バッハ会長はヘイトを集めているのでSPの必要性は通常よりも高いのです。

そんなVIPを安い部屋に泊まらせるのは異常事態。

少なくとも超高額な部屋に格安で宿泊している可能性は非常に高いでしょう。

 

バッハ会長の宿泊先ホテルにデモ隊が押しかける

2021年7月10日にデモ隊がホテルオークラに押しかける事態が発生しました。

もちろん、バッハ会長に対するデモ抗議です。

平和を願うなら広島に行くな!

バッハ帰れ!

の怒号が飛び交い、現地には警察隊が登場。

始まる前から大変な五輪騒動ですが、バッハ会長はデモを見て何を思うのでしょうか?