渡邊雄太の両親も姉も高身長で元バスケ選手!母親は元日本代表?

渡邊雄太の両親

渡邊雄太(わたなべゆうた)選手は身長が206cmもあります。

想像通り両親も身長が高く、父親は190cm、母親は177cmもあるんです。

しかも父親は元バスケの実業団選手で、母親に至っては元日本代表でした。

恐るべき家系ですね。姉もバスケの元実業団選手で、サラブレッドと言っても過言ではありません。

今回は、凄すぎる渡邉雄太選手の両親と姉について特集をします。

渡邊雄太の家族構成(両親と姉)と身長

両親と姉も身長が高すぎる!

渡邊雄太選手の家族構成は両親と姉です。

全員が元バスケットボール選手という家系で、スーパーアスリート一家。

父親は元実業団の選手で、母親は日本代表に選ばれたこともあります。

それだけでなく、家族揃って高身長なことも特徴ですね。

  • 渡邊雄太:206cm
  • 父親  :190cm
  • 母親  :177cm
  • 姉   :170cm

渡邊家のDNA、恐るべし。

両親の英才教育

渡邉雄太

小学2年生の時にテレビを見て、NBAにハマった渡邊雄太選手。

その結果自信も「NBAに行きたい!」と父親に言ったことで、渡邊雄太選手のバスケ人生が始まりました。

そんな彼を育て上げたのは元バスケットボール選手の両親です。

普段は優しい両親も「コーチになると鬼」だと語りました。

渡邉雄太の両親

両親は電柱に向かってひたすらシュートをする練習を考案

まっすぐシュートを決めるための練習です。

電柱に向かってまっすぐ打たないと、ボールが変な方向に返ってくるのでシュート力が鍛えられます。

また、NBA選手になった今でも、実家に戻れば両親と一緒に練習をすることがあります

両親はまだ働かれているので、早朝や夜間の練習のようですね。

渡邊雄太「腰が痛い、膝が痛いとかいいながら、一生懸命パスを出してくれます」

渡邊雄太の母親「久美」は元日本代表

渡邊雄太の母親

名前 渡邊 久美
(わたなべ くみ)
生年月日 1961年10月30日
出身 和歌山県
身長 177cm

母親の久美さんはシャンソン化粧品に所属していたバスケットボール選手で、元日本代表選手でもあります。

甲子園学院高校ではバスケ部に所属し、インターハイで準優勝。

高校を卒業してから、日本リーグのシャンソン化粧品に所属する実業団選手となりました。

日本リーグでも結果を残し、日本代表に複数回選ばれています

【日本リーグ】

  • 1985年:MVP
  • 1986年:MVP

【日本代表】

  • 1982年:アジア競技大会
  • 1983年:女子世界選手権
  • 1986年:アジア競技大会

引退後に結婚してからは家族揃って香川県に移り住み、2021年4月には聖火ランナーとして東京オリンピックに貢献しています。

渡邊雄太の父親「渡邊英幸」は元実業団選手

渡邊雄太の父親

名前 渡邊 英幸
(わたなべ ひでゆき)
生年月日 1958年9月28日
出身 香川県
身長 190cm

父親の英幸さんは熊谷組(くまがいぐみ)というゼネコン会社に所属していたバスケットボールの選手でした。

香川県で生まれ育ち、香川県でバスケットボールを始めた後、東京都内の会社である熊谷組の実業団選手となったのです。

当時所属していたチームは1952年創部の「熊谷組ブルーインズ」。1994年に休部となりましたが、晩年は日本リーグで二度の優勝(’90, ’92)をした強豪のチームです。

さて、熊谷組を去った英幸さんは、地元香川でバスケットボールに携わり続けています。

香川に戻り三木町に居を構えてから、地元中学の外部コーチ、三木町ミニバスチームの指導と、三木町でバスケを通じてスポーツの普及につとめてまいりました。

引用:東京2020オリンピック

チームや部活の始動だけでなく講演会でバスケの話をすることも。

現役選手を引退後もバスケ漬けの人生ですね。

2021年4月18日には、久美さんと同じく聖火ランナーとして香川県三木町を走っていました

 

渡邊雄太の姉「渡邊夕貴」も元実業団選手

渡邊夕貴

名前 渡邊 夕貴
(わたなべ ゆき)
生年月日 1993年1月8日
出身 香川県
身長 170cm

姉の夕貴さんも元バスケットボールの選手です。

アイシンAWというトヨタ系列の自動車部品会社の実業団選手として活躍していました。

2011年に高校を卒業してからアイシンAWに入社。2011年11月に公式に初出場し、2013-2014シーズンを以て現役を引退しました。

 

小学生の頃にミニバスケを始め、メキメキと上達をしていきます。

渡邊雄太さんと同じく両親から手ほどきを受けたのでしょう。

【飯山中学校時代】

  • 2006年:都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会
    ⇒ベスト8

【桜花学園高校時代】

  • ウィンターカップ
    ⇒ベスト8

現在はアイシンAW(現在は株式会社アイシンに統合)で一社員として働いているのでしょうか。