小山田圭吾の元嫁は歌手の嶺川貴子!離婚理由のスレ違いって何?

小山田圭吾とカヒミカリィ

小山田圭吾(おやまだけいご)さんの元嫁はミュージシャンの嶺川貴子(みねかわたかこ)さんです。

1990年に出会い、2000年に結婚されています。

結婚の翌年には子供が生まれますが、2012年に離婚してしまいました。

離婚理由は「スレ違いの重なり」と語っていましたが、何があったのでしょうか。

今回は小山田圭吾さんの元嫁である嶺川貴子さんについて特集をします。

小山田圭吾の元嫁の嶺川貴子って誰?

嶺川貴子の経歴

嶺川貴子

名前 嶺川貴子
(みねかわたかこ)
生年月日 1969年6月3日
職業 ミュージシャン

小山田圭吾さんの元嫁はミュージシャンの嶺川貴子さんです。

1990年にカヒミ・カリィさんと組んだユニットで、オムニバスCDで楽曲を提供したことで一躍有名になりました。

当時を知る人は、今でもカヒミ・カリィさんとセットで思い出す人が多い様子です。

2014年には北米でツアーを行うなど、海外でも人気を博していました。

小山田圭吾さんとは1990年頃に知り合い、2000年に結婚されています。

出会った頃の小山田圭吾は嶺川貴子の相方であったカヒミ・カリィさんと付き合っていたとか‥

嶺川貴子は小沢健二の元カレ説

小山田圭吾と小沢健二

嶺川貴子さんはミュージシャンである小沢健二さんの元カレという説があります。

実は小山田圭吾さんと小沢健二さんは同級生なんです。

2人でフリッパーズ・ギターというコンビを組むほどで、1990年には仕事で嶺川貴子さんと関わることもありました。

そんなこともあってか、小沢健二さんとの仲が噂されたことがあります。

当時は小沢健二さんと交際しているという話で盛り上がっていました。

小山田圭吾と嶺川貴子の馴れ初めは?

嶺川貴子

若い頃の嶺川貴子

小山田圭吾さんと嶺川貴子さんが出会ったのは1990年頃です。

当時の小山田圭吾さんは21歳で、嶺川貴子さんは20歳でした。

嶺川貴子さんがカヒミ・カリィさんと組んだ「Fancy Face Groovy Name」というユニットが参加した「Fab Gear」というCDの監修をしたのが、フリッパーズ・ギターだったのです。

fab gear

つまり、小山田圭吾さんと小沢健二さんが音楽の仕事で関わっていたんですね。

結婚したのは仕事で関わってから10年後のことで、2人とも30歳の頃でした。

 

小山田圭吾と嶺川貴子の離婚理由はスレ違い

小山田圭吾

小山田圭吾さんと嶺川貴子さんは2012年に離婚をしています。

離婚理由は「気持ちのスレ違いが重なった」と嶺川貴子さんが返答したことがあります。

嶺川が記者の直撃取材に応じ、言葉を選びながらも、「気持ちのスレ違いが重なった」などと離婚理由を明かしている。

引用:exciteニュース

結婚したものの、生活に苦労は絶えなかったようです。

また、日刊サイゾーは週刊誌の記者から以下のような情報を聞き出していました。

  • 離婚の数年前から別居していた可能性
  • 小山田圭吾に新しい恋人ができた可能性

数年前から別居していたのにすぐ離婚しなかった理由は、息子がいたからとのこと。

離婚をしたタイミングは息子が中学校に入学した時だったのです。

ちなみに、小山田圭吾さんと嶺川貴子さんは毎年坂本龍一さんのコンサートに訪れていたので、不仲が表に出ないよう気をつけていたようです。

12年続いた結婚生活で円満だった時期は、予想以上に少ないのかもしれません。