【悲報】小室圭さん、マジで暗殺されそう

堀米雄斗の父親はタクシー運転手!仕事掛け持ちで息子を指導した苦労人!

堀米雄斗の父親

堀米雄斗さんの父親『堀米亮太』さんの職業はタクシーの運転手でした。実家が金持ちと噂されることもありますが違います。

タクシー運転手の傍ら、洗車のバイトもしつつ堀米雄斗さんの活動のお金を稼いでいたんです。

そして、元スケートボーダーでもあり堀米雄斗さんは父親の猛特訓をうけていました。

結構スパルタン!

ということで、今回は堀米雄斗さんの父親の職業や過去についてご紹介します。

堀米雄斗の父親『堀米亮太』のプロフィール

堀米雄斗の父親

名前 堀米亮太
(ほりごめ りょうた)
生年月日 1974年10月11日

堀米雄斗さんの父親は『堀米亮太(ほりごめりょうた)』さんです。

2021年の東京オリンピックの時点で46歳であり、1974年生まれですね。

現在も働かれており、少なくとも堀米雄斗さんが学生の頃はタクシーの運転手をしていました。

スケボー

そして、父親自身もスケートボーダーだったのです。

中学1年生でスケボーを始め現在もスケボーを続けています。

堀米雄斗さんがスケボーを始めたのは父親の影響で、幼い頃から父親からみっちり特訓を受けていました。

さて、次の項目では父親の職業についてもう少し詳しくご紹介します。

堀米雄斗の父親の職業はタクシーの運転手

父親の職業はタクシーの運転手でした。

ということで、堀込亮太さんの職業についてご紹介をします。

タクシーの運転手の年収って?

タクシー

画像はイメージです

堀米雄斗さんは東京都の江東区の生まれです。

父親も都内でタクシーの運転手をしていたのでしょう。

都内のタクシーは台数が非常に多く激戦区ですが、深夜の長距離客が狙い目の1つ。

深夜の道路を走っている車のほとんどがタクシー、という光景も珍しくありません。

都内在住の人で接待や残業が多い人は世話になったことがあるのではないでしょうか。

さて、都内のタクシー運転手の平均年収は470万円です。(2018年)

2018年の都道府県別タクシー運転手の年収は、1位の東京都が4,701,800円

引用:太洋モータース株式会社

歩合制を取り入れている会社が多いので、多少の前後はあるでしょう。

しかし、海外に遠征することも多い堀米雄斗さんのために副業でバイトをしていました。

洗車のアルバイトもしていた!

洗車

画像はイメージです

父親はお金を稼ぐために副業で洗車をしていました。

タクシー仲間の車の洗車のバイトです。

同僚の車を洗うアルバイトをして、息子の遠征費などを稼いだという。

引用:Yahooニュース

タクシーの運転手だけの稼ぎでなく、息子のために仲間の仕事も引き受けてお金を稼いでいたのです。

堀米雄斗の実家が金持ちなのはガセ

堀米雄斗

堀米雄斗さんの実家が金持ちだと思っている人もいるようです。

3人の子供がいて、スケボーで海外遠征する余裕があることが理由でしょう。

しかし、前述したように堀米雄斗さんの実家は別に金持ちではありません

堀米雄斗さんが幼い頃はスケボー用のシューズを瞬間接着剤やガムテープで補修していました。

新品のシューズを3日で使い潰すこともあり、年間で数十足のシューズが必要なスポーツです。

堀米雄斗さんはm今では年収は億を遥かに超えていますが昔は決して金持ちではありませんでした。

 

堀米雄斗の父親もは凄腕のスケーター!?

堀米雄斗さんの父親もスケーターです。実は結構凄腕だったとか。

父親がバリバリ現役だった頃

堀米雄斗の父親

堀米雄斗さんの父親もスケーターで、中学1年生の時に友達の影響でスケボーを始めて今も続けています

100人くらいが出場した大会で5位に入賞したこともあります。

高校はヤンチャをするのが楽しくてスケボーから一時離れますが、スケボーに出戻りし大人になってもスケボーをやめられません。

子供が生まれてからはスケボーはやめる‥と言いつつ、子供にスケボーをやらせることを口実にスケボーを楽しんでいた生粋のスケーターです。

「家族との時間を優先するため、妻にスケボーをやめると約束したけど、我慢できず子守を言い訳にスケボーをしていた」

引用:産経新聞

その中で堀米雄斗さんの才能に気づいたんです。

息子の特訓に熱を入れる

堀米雄斗の父親

父親に連れられた堀米雄斗さんは6歳からスケボーを始めました

もちろん最初の師匠は父親です。堀米雄斗さんの才能に気づき「俺が滑ってる場合じゃねえ」と指導に全力を注ぎます。

柔らかい膝や足首の使い方、恐れ知らずの大きな動き…。「俺が滑ってる場合じゃねえ」。息子の指導に夢中になった。

引用:産経新聞

最初に教えたことは徹底して基礎を教えることで、2年間は大会に出場することはありませんでした。

基礎をおろそかにして技を覚えた結果、中途半端に成果が出て伸び悩んだ苦い経験ゆえの選択でした。

「僕は基礎を無視してどんどん技を覚えていってしまった。運動神経が良かったばかりに乗れちゃったんです」。その「中途半端な乗り方」で成長が止まった苦い経験がある。息子に同じ轍(てつ)を踏ませたくなかった。

引用:スポニチ

そのかいもあってか堀米雄斗さんは世界トップレベルのスケートボーダーになり、2021年の東京オリンピックで金メダリストに。

父親の指導と仕事の頑張りが偉大なスケートボーダーを輩出したのです。