【悲報】小室圭さん、マジで暗殺されそう

ラピュタパン事件とは?Pixivが高橋けんじの絵を不正操作してた?

ラピュタパン事件とは?

ラピュタパン事件を知るものは昔の存在となりかけていましたが、2021年8月31日に『ラピュタパン事件』がトレンド入り。

この事件はPixivというイラスト投稿サイトで2009年に起きた事件だったのです。

割と闇が深い事件なのですが、何が起きたのでしょうか?

今回は、2009年に起きたラピュタパン事件についてご紹介します。

ラピュタパン事件とは?

pixiv

ラピュタパン事件とは、イラスト投稿サイト『Pixiv』のランキング不正操作疑惑事件です。

高橋けんじさんが描いたトーストの上に目玉焼きが乗った通称『ラピュタパン』のイラストが被害を受けたのです。

2009年11月21日の0時過ぎに、高橋けんじさんのラピュタパンのイラストが投稿されます。

ラピュタパンのイラストはデイリーランキングで1位を取るも、なぜかランキングから消え去ります。(Pixivには人気のイラストのデイリーランキングを表示する機能がある)

理由はR-18のタグがつけられたことで、カテゴリーが変わってしまったからですね。

そして、ただのパンの絵がR-18カテゴリーのデイリーランキングで1位を取ったのです。

もちろんユーザーから苦情が入ったためか、今度はなぜか『R-18G』というグロカテゴリーのタグがつけられ

R-18Gのカテゴリーのデイリーランキングでも1位を獲得

ただのパンのイラストがエログロカテゴリーで1位を獲っただけでもネタの宝庫ですね。

しかし、ラピュタパン事件の本質はPixivの運営が不正にランキングを操作した疑惑があることです。

ラピュタパン事件はPixivの不正操作?

ミステリー

ラピュタパン事件の謎は「なぜパンの絵がエログロカテゴリーに入ったのか」ということです。

Pixivには「全年齢」「R-18」「R-18G」の3つのカテゴリーが存在します。

タグをつけるのはイラストの作者なのですが‥

ラピュタパンを描いた高橋けんじさんは「カテゴリーのタグをいじっていない」と語りました

一般のユーザーが勝手にカテゴリーを変更することはできません。

pixiv

そうなると、タグを変更できるのはPixivの運営だけとなるのです。

では、なぜPixivの運営が不正にタグをいじったと言われるのでしょうか?

Pixivが推していた絵師のために不正操作を?

雨

Pixivは当時推していた絵師がいたようです。

大人の事情で売り出したかったのでしょう。

推していた絵師がいる(ランキング1位にしたい)

ラピュタパンのイラストが全年齢で1位を獲得

邪魔なので勝手にタグを操作して除外する

と疑われているんですね。

高橋けんじさんがラピュタパンのイラストのカテゴリーをエログロにするメリットはありません。

そして、Pixivの運営が不正にランキングを操作したと考えると、全ての辻褄が合うのです。

Pixivの管理体制が問われた事件ですが、管理体制が見直されたのか最近は大きな事件が起きることはなくなりました。

 

2021年にラピュタパン事件がトレンド入り

Twitterのアイコン

ラピュタパン事件が起きてから12年後。

2021年8月31日に『ラピュタパン事件』がTwitterにトレンド入りを果たしたのです。

絵師の高橋けんじさんの訃報が流れたからです。

当時の事件をまとめたサイトなどはほとんどなく‥消されたのでしょうか。

しかし、ユーザーの記憶にはしっかりと刻み込まれていたようです。