【悲報】小室圭さん、マジで暗殺されそう

濱家隆一は創価学会で聖教新聞に堂々登場!山内や家族も学会員?

かまいたちの濱家隆一さんは創価学会なのか?

実は2009年頃の宗教新聞にかまいたちが登場したことがあるのです。

聖教新聞では創価学会の学会員であることが堂々と書かれていました。

かまいたちが揃って新聞に載っていましたが、山内さんも創価学会?

また、濱家隆一さんの家族も創価学会なのか気になるので、今回は濱家さんと創価学会について特集をします。

濱家は創価学会の男子部だった!

かまいたち濱家隆一

かまいたちの濱家隆一さんは創価学会員です。

2世学会員であるため、両親もしくは父親か母親が創価学会員ですね。

生まれ育ったときから創価学会員なのでしょう。

所属しているのは創価学会の男子部という、成人の男性が集まっている部です。

創価学会男子部の石川

男子部の石川さん

ネット上では創価学会男子部の石川さんの功績で、男子部の知名度が大きく広まりましたね。

2009年頃は大阪府東淀川のニュー・リーダーという役職についていました

凄そうな名前の役職ですが、班長のことです。

「新しい世代を担う」という機体が込められた役職だとか。

さて、こんなにも詳細が分かるのは聖教新聞でかまいたちが特集されたからです。

次の項目では聖教新聞で書かれた内容についてご紹介します。

聖教新聞に濱家隆一が堂々と登場!

【画像】かまいたちが登場した聖教新聞

聖教新聞に載った濱家隆一

2009年頃にかまいたちが登場した聖教新聞の画像がこちらです。

かまいたちの2人が揃って紹介されていますね。

聖教新聞は創価学会の機関紙で、『勝利』という文字を好んで使うことで有名です。

聖教新聞で紹介されていれば創価学会員というわけではないですが、

濱家さんは学会2世(大阪府東淀川、ニュー・リーダー)

と記載されているので間違いなく創価学会員ですね。

濱家隆一

仕事の合間や舞台の終わりに学会活動!

ヤンキー時代に男子部の先輩の励ましを受けて発心!(発心、つまり信心深くなった)

などのエピソードが書かれていますね。

次の項目では聖教新聞に書かれている創価学会の用語や、信心深いエピソードをいくつかご紹介します。

濱家の創価学会っぽい発言集と解説

この信仰で、自分がブレなくなった!

と語る濱家隆一さん。

一時期は芸人でヤンキー軍団を結成していた時、男子部の先輩の励ましで信心深くなりました。

男子部の先輩がいなければ芸人として成功していなかったのかもしれません。

 

祈ると自信がわくんですよ!祈ってきたあとは元気になってるやろ?

祈ることで自信をつけることができる濱家隆一さん。

しかし、山内さんは「その変化、僕にはあんまり感じません」と変化に気づけないようです。

 

この世界の中心で“正義”を叫び、広布の実証を示していきます〜

実証は創価学会がよく使う言葉ですね。(「勝利の実証」「功徳の実証」など)

創価学会の教えを広め現実のものとする、と言ったニュアンスでしょうか。

かまいたち山内も創価学会員?

かまいたち山内

かまいたちは揃って創価学会員なのか気になりますね。

聖教新聞に「山内さんは、未入会」と記載してあるので学会員ではありません。

山内さんいわく「宗教系の話はちょっと……。」と書かれているので間違いありません。

しかし、濱家隆一さんの影響で今後信心する可能性は0ではありません

柴田理恵と久本雅美

柴田理恵さんが熱心な創価学会員となったのは、久本雅美さんの勧誘の影響でした。

柴田理恵さんいわく、いきなり聖教新聞を見せられたことが全ての始まりです。

とはいえ、2004年にかまいたちを結成して2009年の時点で信心していないので、今も創価学会員になってはいないかも?

 

濱家隆一の妻と子供も創価学会?

濱家隆一と嫁

濱家隆一さんには妻と子供がいます。妻と子供も創価学会員なのでしょうか?

少なくとも出会った当初から妻が創価学会員だった可能性は低いです。

なぜなら、妻との出会いはナンパだったからですね。

2014年6月に行きつけの飲食店で出会い、ナンパに成功して2014年末から交際開始。

2017年5月に結婚したのですが、偶然創価学会員をナンパする可能性はかなり低いでしょう。

濱家隆一と子供

しかし、現在は結婚して子供がいます。

夫婦の片方が創価学会員だと苦労すると、ある創価学会員は語ります。

価値観の違いだけでなくお互いの家族間で揉めやすい点もあります。

また、片方が非学会員だと子供を2世にするか否かで揉めるのは恒例です。

もし妻が創価学会員でなく家族関係がうまくいっているなら、お互いの努力は普通の夫婦とは比べ物にならないはず。

揉め事がなく幸せな家庭を築けていることを祈りたいですね。