【悲報】小室圭さん、マジで暗殺されそう

野田聖子と夫の馴れ初めは?反社との出会いの場所はまさかの‥

野田聖子さんの夫は裁判の末、元反社であることが認定されました。

夫は組員の1人でしたが、組の解散に伴い極道から足を洗ったようですが‥元組長の証言で反社であると認定されたのです。

さて、野田聖子さんは総理の候補にもなった人ですが、反社の夫との馴れ初めが気になりますね。

野田聖子さんと反社の夫との出会いの場所は、まさかの場所でした。

野田聖子と反社の夫の出会いの場所は‥

出会いの場所は夫が経営する居酒屋

野田聖子の夫

野田聖子さんの夫は野田文信さん(1967年-)という元飲食店の経営者です。

1999年まで昌山組会津小鉄会の組員でしたが、組長が逮捕されて組が解散。

解散後に足を洗ってカタギとして生きていったのです。

元反社とどこで出会ったの?

野田聖子さんと夫の出会いは居酒屋でした。

大阪の飲食店

画像はイメージです

2007年に夫が大阪で経営していた韓国料理店で出会ったのです。

先に惚れたのは野田聖子さんとのことですね。

しかし、思い出の出会いの場所と別れを告げる時が来たのです。

思い出の出会いの場所が閉店‥

野田聖子さんは2011年2月に居酒屋で出会ったの夫との結婚を発表しました。

東京の居酒屋

画像はイメージです

夫は野田聖子さんの活動拠点である店を東京へ移転します。

2011年には子供が生まれるのですが、子供は重病を患っていました。

義母(野田聖子さんの実母)もうつ病を患い、介護に専念するために思い出の2013年に店を畳んだのです。

3年前に野田さんが妊娠したのをきっかけに、Aさんが東京に移店させた。“妻のことを第一に考えている。だから、移店も閉店も惜しくない”って言っていて、本当に奥さん思いの旦那さんなんです

引用:マイナビニュース

出会いの場であった居酒屋は2013年に幕を閉じたのです。

しかし、店を畳んだ理由を考えれば反社であっても任侠の心を持っていたのかもしれません。

 

野田聖子と反社の夫との馴れ初め

4年の遠距離恋愛

野田聖子

野田聖子さんと夫が出会ってから結婚するまでの流れをご紹介します。

2007年に夫が経営する居酒屋で出会い、夫に惚れた野田聖子さん。

出会ってからまもなく交際が始まりますが、夫は大阪で野田聖子さんは東京の遠距離恋愛が開始

遠距離恋愛を乗り越えた末に2011年1月に結婚をされたのです。

夫は木村姓から野田姓になり、野田聖子さんの本拠地東京に引っ越しました。

交際中に子供を妊娠

野田聖子

野田聖子さんは2010年にアメリカで卵子提供を受け、体外受精で子供を身ごもりました

2011年1月に長男を出産しています。

野田聖子さんは自然妊娠が不可能な体だったので、体外受精を選択したんですね。

夫と子供のために、わざわざアメリカのネバダ州まで渡ったんです。

2010年初春、卵子提供が法律で認められている米国・ネバダ州で、夫・文信氏の精子とアメリカ人の卵子による受精卵が野田氏の子宮に戻され、念願の妊娠をした。

引用:ORICON NEWS

渡米してまで夫との子供が欲しかったことが分かりますね。

よほど夫のことを愛していたのでしょう。

野田聖子は夫が反社と知らなかったの?

野田聖子

野田聖子さんは夫のことを元反社だと知らなかったのでしょうか?

少なくとも出会った時点では、元反社だと知らなかったはずです

まさか韓国料理店で一目惚れしたオーナーが元反社だとは思わないでしょう。

私文書偽造罪や有線電気通信法違反で警察に世話になったのは野田聖子さんと出会う前です。

パトカー

画像はイメージです

【私文書偽造罪】

1999年に交通違反をした際、兄の免許証番号を警察に通知。有罪判決で懲役1年。(恐らく執行猶予付き)

 

【有線電気通信法違反】

2005年に運営するアダルトサイトの情報を不特定多数にスパムメールを一斉送信。

とはいえ、どこかのタイミングで元反社であることを知ったはず。

カタギとして更生した姿や、母や子供のために仕事をたたんだ覚悟に惚れたのでしょう。

 

反社の夫は2人目の夫だった?

実は反社の夫と出会う前に、事実婚状態の男性がいたんです。

鶴保庸介

参議院議員の鶴保庸介(1967年2月5日-)です。

名前 鶴保庸介
(つるほようすけ)
生年月日 1967年2月5日
出身 大阪府大阪市
学歴 東京大学

2001年から交際を始め、2002年には帝国ホテルで盛大に結婚式を挙げています。

当時の野田聖子さんが42歳で、鶴保庸介さんが35歳でした。

2001年から7歳年上の野田氏と事実婚状態に入り、翌2002年、帝国ホテルで盛大な結婚祝賀パーティを開いた。

引用:NEWSポストセブン

ただし、入籍はしていません

野田聖子さんが夫婦別姓制度に賛成で、なおかつ個人的に野田姓を守りたかったからですね。

2006年には「よい夫婦の日ナイス・カップル」という、講談社が主催する投票イベントで受賞を果たしました。

受賞の基準は一般投票で、「最も共感を得られた」カップルを選出するものです。

しかし、受賞の翌年の2007年には事実婚関係を解消しています。

長年の不妊治療を続けても子供が出来ず、鶴保庸介さん側から別れを切り出したようです。

その後、鶴保庸介さんは18歳年下の女性と結婚し子供をもうけましたが、揉めに揉めて離婚されています。