【悲報】小室圭さん、マジで暗殺されそう

小室圭の髪型がロン毛で気持ち悪いと不評w長髪のまま就活してたの?

髪型がロン毛の小室圭

2021年9月、小室圭さんの髪型がロン毛になって激震が走りました。

小室圭さんは長髪を束ねていたのです。

ポニーテール小室‥

一部では侍ヘアと言われていますが、なんだかんだで「気持ち悪い」と不評w

そもそも、ロン毛のまま就活をしていたのでしょうか?

今回は、激震が走った小室圭さんの髪型について特集をします。

小室圭の髪型がロン毛に!?

日本では髪型が気持ち悪いと大不評

2021年9月23日の朝の番組『めざましテレビ』で衝撃が走りました。

なんと、小室圭さんの髪型がロン毛になっていたのです。

ロン毛を後ろで結ぶポニーテールですね。

髪型が長髪の小室圭

前髪はセンター分けなので、前髪もかなり伸ばしているのでしょう。

小室圭さん

創作で見かける侍ヘアですが、小室圭さんと言えばサラリーマンカットですよね。

小室圭

昔の小室圭

フォーダム大学院の学生時代の写真を見てもサラリーマンカットでした。

まさかのロン毛スタイルに驚く人が続出!

元々のイメージが悪すぎるので、気持ち悪いと不評です。

ただし、お祭り感覚で小室圭さんを見守る人からは「イケメン!」という声も少なくありません

好感度によって小室圭さんの髪型に対する感情が異なるのでしょう。

態度も悪いと炎上

髪型が長髪の小室圭

ロン毛の小室圭さんは態度が悪いことでも炎上していました。

マンハッタンで記者が小室圭さんに取材をするも全力でスルー。

耳にイヤホン(恐らくAir Pods Pro)をしたままで、ポケットにも終始手を突っ込んでいました。

記者をスルーしつつ足早に去って行く小室圭さん。

記者は息を切らしながら小室圭さんについていき、結婚について質問をするも小室圭さんは全力で無視!

小室圭

日本にいた頃、立ち止まってお辞儀をしていたのが懐かしい

ネットでは髪型もさることながら、態度が悪いことでも炎上しました。

何をしても炎上しますね。

小室圭の髪型を昔と比較すると‥

昔の小室圭さんと髪型を比較してみましょう。

小室圭の髪型比較

小室圭の髪型比較

昔の小室圭さん(2017年、2018年頃)を見ると平均的なサラリーマンカットです。

これといった特徴はありませんね。

マスクをしているので顔の下半分は分かりませんが、髪型は大変貌を遂げています。

小室圭の髪型比較

小室圭の髪型比較

左側はNYのマンハッタンを闊歩する、留学中の小室圭さん(画像左)もサラリーマンカットですね。

ロン毛にしたのは最近のことでしょうか。

小室圭のロン毛

なぜロン毛にしたのでしょうか?髪を切るお金すらなかったのか?

自炊をして質素な生活をしているとはいえ、さすがにそこまで貧乏ではないでしょう。

学友から

侍ヘア!Cool!

と言われ、ポニーテールにしているのかもしれません。

もしくは、眞子さまが好みの髪型なのか‥

髪をほどくと落ち武者になる、と言ってはいけません。

 

小室圭はロン毛の髪型で就活をしていたの?

髪型が長髪の小室圭

小室圭さんは2021年に就活をしていました。

ロン毛にしていたのは2021年9月のことで、直近まで就活をしていたようです。

髪を後ろで束ねるには数ヶ月は伸ばす必要がありますが‥

ロン毛のままで就活をしていた可能性が高いです。

髪型が長髪の小室圭

アメリカは自由の国なので、髪型も自由なのかもしれません。

ロン毛ですがスーツを着ているので、プライベートな外出ではなさそうです。

フォーマルな場でもロン毛のポニーテールで通用するのかも?

髪型が長髪の小室圭

また、すでに就職先が決まっているので自由な髪型をエンジョイしている可能性も

小室さんの就職先は、日本人が弁護士として採用されるのは初めてとなる大手の法律事務所で、小室さんは、就労ビザの取得も終えて、現地での生活の基盤が整ったということです。

引用:NHK

就職先はNYのマンハッタンにある大手法律事務所なので、それまでは自由を満喫しているのか?

就活が終わった大学生が髪を染めたり、ピアスをあける感覚ですね。

どんな髪型をしようと自由だが、就職後もポニーテールで仕事をするのでしょうか。

少なくとも日本での記者会見はロン毛で挑むはず

記者会見では見た目についても世間から叩かれそうですね。

 

アメリカならロン毛で弁護士をしても大丈夫?

小室圭さん

アメリカではロン毛のままで弁護士をしても大丈夫なのでしょうか

もちろん、事務所のトップではなく雇われ弁護士として、です。

実は、アメリカでもロン毛の弁護士は一般的ではないようです。

弁護士

ロン毛の顧問弁護士 Mr.Tim

写真のロン毛の男性は、アメリカで顧問弁護士として働いているティムさんです。

見ての通りのロン毛で小室圭さんよりもロックですね。

ティムさんはロン毛なのに弁護士なので、周囲に驚かれることもあるとか。

待って、その髪で!?

なんで解雇されないのか分からない

と言われた経験を持っています。

it usually starts with a look of bewilderment or a laugh, followed with “Wait, with hair like that?” “Good joke, what do you really do?” or “I cannot believe you haven’t been fired yet for that hair.”

引用:THE LONGHAIRS

2018年8月の記事なので、現在はアメリカの価値観や環境が変わった可能性はあります。

ただし、アメリカでもロン毛の弁護士は当たり前ではないのです。

小室圭さんの就職先はOKなの?

小室圭さん

小室圭さんは内定が決まった後でも、髪型がポニーテールのままで就職先の人間と会食をしています。

帰国を前にニューヨークにある就職内定先の法律事務所の関係者と会食したとみられる

引用:TBS NEWS

1時間程度の会食であり、和気あいあいとした雰囲気だったそうです。

少なくとも入社前なら髪型は自由なのでしょうか。

今後も小室圭さんの髪型から目が離せません!